人生の午後 - the afternoon of life -

海外逃亡から不名誉の帰還。そして今、人生の午後が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alyson Williams - Raw

今日聞いた1枚
RAW   /   Alyson Williams
raw.jpg25DP 5517 (1989 CBS Sony Japan)
1. Just Call My Name / 2. We're Gonna Make It / 3. I Looked into Your Eyes / 4. Not on the Outside / 5. Masquerade / 6. I'm So Glad / 7. My Love Is So Raw / 8. On the Rocks / 9. Still My No. 1 / 10. I Need Your Lovin' / 11. Sleep Talk / 12. Make You Mine Tonight / 13. How to Love Again


1989年のデビュー作。アレサフォロワーとの謳い文句に買ったものの、「おいおい」てなものでお蔵入り。聴きなおしてみると、即お蔵入りするほどの駄作ではなかったか。

当時の本格派志向とNJSの両方をなんとかこなそうとした努力は充分うかがえる。とは言っても結局は、アレサの後にアレサ無し。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/01(火) 23:48:27|
  2. .Black .[A] Alyson Williams
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alyson Williams - Alyson Williams

今日聞いた1枚
Alyson Williams   /   Alyson Williams
alysonwilliams.jpgCK 45417 (1992 SONY MUSIC ENTERTAINMENT USA)
1. Can't Have My Man / 2. Just My Luck / 3. Here Comes the Rain / 4. So Special (Duet With Jeff Redd) / 5. Just the Way I Like It / 6. Heaven / 7. Everybody Knew But Me / 8. Your Love Is All I Need (Duet With Chuck Stanley) / 9. She's Not Your Fool / 10. The 2nd X Around


昨日のに続く92年の2枚目。「あれだけ1枚目を酷っといて2枚目も買ってるのかよ。」と言われても仕方ないですが、買ってるんです。

1枚目から比べてかなりオバサン声になってる。歌い過ぎで喉やってしまいましたかね。で、ジャケ写の意図がわからない。半端に左足を上げた4パターンは何?

これにて終了かと思いきや、2004年に3枚目を出されたとか。
  1. 2005/11/02(水) 23:55:55|
  2. .Black .[A] Alyson Williams
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anita Baker - Compositions

今日聞いた1枚
Compositions   /   Anita Baker
compositions.jpgWPCP-3465 (1990 Warner Pioneer Japan)
1. Talk To Me / 2. Perfect Love Affair / 3. Whatever It Takes / 4. Soul Inspiration / 5. Lonely / 6. No One To Blame / 7. More Than You Know / 8. Love You To The Letter / 9. Fairy Tales


80年代後半売れまくっていた方の90年発売の4枚目ELEKTRA盤。これも、「とりあえず買ってはみた」1枚。

確かに、夜、お洒落な場所でのBGMとしてはいいかもしれない。が、私の場合は次の朝には何も記憶に残ってないだろう。ジャズ風味といっても、炊き込まれた味ではなく、まさしくふりかけただけ。

でも、売れてたってことは、このような意見は少数派と言う事。
  1. 2005/11/03(木) 22:58:41|
  2. .Black .[A] Anita Baker
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anthony White - Could It Be Magic

今日聞いた1枚
COULD IT BE MAGICCOULD IT BE MAGIC   /   ANTHONY WHITE
coulditbemagic.jpgSRCS6380 (1994 Sony Music Entertainment Japan)
1. Where Would I Be Without You / 2. Never Repay Your Love / 3. Could It Be Magic / 4. Stop And Think It Over / 5. There Will Never Be Another / 6. Never Let You Get Away From Me / 7. Love Grows Strong / 8. Yes You Need Love / 9. I'm So Much In Love With You / 10. Only Child's Play


1976年の Philadelphia International 盤。1曲目のイントロだけで、頬が緩んでしまう。ジャケのアート感覚が摩訶不思議。

歌は文句無し、楽曲もまあまあなんですが、決定打に欠ける。ライナーの略歴を読むと、ご本人に、「この世界で食ってくんだ。ビッグになるんだ。」という気がなさそう。もったいないがしょうがない。

眼鏡(のレンズ)がデカい。
  1. 2005/11/04(金) 23:28:01|
  2. .Black .[A] Anthony White
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bar-Kays - Soul Finger

今日聞いた1枚
SOUL FINGER   /   BAR-KAYS
soulfinger.jpgAMCY-435 (1992 Warner Music JAPAN)
1. Soul Finger / 2. Knucklehead / 3. With a Child's Heart / 4. Bar-Kays Boogaloo / 5. Theme From Hell's Angels / 6. You Can't Sit Down / 7. House Shoes / 8. Pearl High / 9. I Want Someone / 10. Hole in the Wall / 11. Don't Do That


1967年のデビューアルバム、ATCO盤。ジャケ絵といい、音といい、実に雰囲気醸しだしてる。演奏もいろんなアイデア試みて頑張っている。が、やっぱりヴォーカルが欲しい。

歌派としては、インスト系とラップ系はいまひとつなもので。いつも不思議なのは、歌詞のない歌でどうやって曲名をひねり出すのか。凡人にはイメージが湧いてこない。
  1. 2005/11/05(土) 22:40:41|
  2. .Black .[B] Bar-Kays
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bernadette Cooper - Drama According to Bernadette Cooper

今日聞いた1枚
DRAMA ACCORDING TO BERNADETTE COOPER   /   BERNADETTE COOPER
dramaacc2bc.jpgWMC5-261 (1990 Warner Pioneer JAPAN)
INTRODUCTION
ACT I
1. I Look Good (An Interview With Bernadette Cooper) / 2. Do You Really Know What Love Is / 3. Stupid / 4. The Underground / 5. The Agency Sent Me / 6. Let's Be Discreet
INTERMISSION
INTERLUDE: Martha & Charles
ACT II
1. Drama According To Bernadette Cooper / 2. I'm That Girl / 3. The Howard Hughes Sitcom / 4. Straight Jacket (Love Affair) / 5. Nothin' You Can Do (4:26)
EPILOGUE: Movie Produce Her
THE END (Applause)


女だけのファンクバンド KLYMAXX の創始者 BERNADETTE のソロデビュー作。1990年発売MCA盤。

彼女の才能は全篇で煌きを放っている。Chukii Booker のクレジットも頷ける。仕掛け、仕立て、仕事と揃ってはいるのだが、残念ながら超大作には至らなかったというところ。

プロデューサーとしてでも食っていけそうな気がするのだが、この後はどうなってしまったのだろう。
  1. 2005/11/06(日) 20:51:09|
  2. .Black .[B] Bernadette Cooper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Black Ivory - Hangin' Heavy

今日聞いた1枚
HANGIN' HEAVY   /   BLACK IVORY
hanginheavy.jpgSPLK-7006 (1991 Unidisc CANADA)
1. Mainline / 2. Dance / 3. Walkin' Downtown / 4. Longer Ride / 5. You Mean Everything To Me / 6. Can't You See / 7. Big Apple Rock / 8. Get Down (Comin' Down) / 9. Peace & Harmony / 10. Rest Inside My Love / 11. Hustlin' (You Gotta Be Dancin') / 12. You Turned My Whole World Around


"2 hit albums now digitally mastered on 1 compact disc" という謳い文句と破格の安さ(煙草銭プラスアルファと記憶)につられて、聞いた事もない名前に関わらず買ってしまった1枚。1977年の "Black Ivory" と、1979年の "Hangin' Heavy" の2枚のカップリングのようだ。1991年カナダはモントリオールの Unidisc Production社からの発売。

聞き始めて1分で「安物買いしたな。」と片付けられた。今聴きなおしても、この薄っぺらな声(すいません!)は、いかんとも。

Leroy Burgess、Stuart Bascombe、Russell Pattersonの3人組。ハーレム出身。1曲目の "Mainline" はディスコクラシックなんだそうだが、1979年だと個人的にはディスコは卒業してたんで、まったく聞き覚えがない。
  1. 2005/11/07(月) 23:55:55|
  2. .Black .[B] Black Ivory
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Allman Brothers Band - Eat A Peach

今日聞いた1枚
EAT A PEACH   /   THE ALLMAN BROTHERS BAND
eatapeach.jpg823 654-2 (1997 Polygram W.Germany)
1. Ain't Wastin' Time No More / 2. Les Brers In A Minor / 3. Melissa / 4. Mountain Jam / 5. One Way Out / 6. Trouble No More / 7. Stand Back / 8. Blue Sky / 9. Little Martha


1972年作品。Duane Allman 没後に出た、Duane入り有り、Duane抜き有りの1枚。アナログ2枚組の時はとても聞く気にならなかった "Mountain Jam" が、昔ほど気にならないのは、歳食って気長になっただけ? ひっくり返す手間がなくなったから?

これだけのバンドの全盛期の1枚だけあって、聴き応えは充分。Gregg もダレる前だし、なんと言っても Dicky がやる気満々。Tom Dowd プロデュースってのも懐かしい。

Allman なら Duane より Dicky、Little Feat なら Lowell より Paul ってのはへそ曲がりかい?
  1. 2005/11/08(火) 22:20:33|
  2. .Rock .[A] Allman Brothers Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Band - Music From Big Pink

今日聞いた1枚
MUSIC FROM BIG PINK   /   THE BAND
musicfrombigpink.jpgCDP 7 46069 2 (? Capitol USA)
1. Tears of Rage / 2. To Kingdom Come / 3. In a Station / 4. Caledonia Mission / 5. The Weight / 6. We Can Talk / 7. Long Black Veil / 8. Chest Fever / 9. Lonesome Suzie / 10. This Wheel's on Fire / 11. I Shall Be Released


1968年のデビュー作。中坊なりたて、なけなしの小遣い叩いて買ったレコード。期待に胸震わせて針落としたのに、「なんじゃこら。中年のおっさんが与太っとるやないけ!」と行き場のない怒りに打ち震えたのを覚えている。おまけにお袋にまで「あんた、こんな趣味になったのかい?」と追い討ちまでかけられて。

当時、田舎じゃ中古屋なんかあるわけもなく、次々とレコード買えるわけもなく、しょうがなしに何回も聴いた。そのうち、"Chest Fever" のドラムがカッコよく思えてきた。「かきくけこギター」も気に入ってきた。ピアノも、オルガンも、ベースも。子供が描いたようなジャケも、裏のでっかい字も。

音楽の幅の広さと奥深さを教えてくれた重要な1枚。
  1. 2005/11/09(水) 22:23:07|
  2. .Rock .[B] (The) Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Band - The Band

今日聞いた1枚
THE BAND   /   THE BAND
theband.jpg7243 5 25389 2 8 (2000 Capitol EU)
1. Across The Great Divide / 2. Rag Mama Rag / 3. The Night They Drove Old Dixie Down / 4. When You Awake / 5. Up On Cripple Creek / 6. Whispering Pines / 7. Jemima Surrender / 8. Rockin' Chair / 9. Look Out Cleveland / 10. Jawbone / 11. The Unfaithful Servant / 12. King Harvest (Has Surely Come)
13. Get Up Jake (Outtake-Stereo Remix) / 14. Rag Mama Rag (Alternate Vocal Take-Rough Mix) / 15. The Night They Drove Old Dixie Down (Alternate Mix) / 16. Up On Cripple Creek (Alternate Take) / 17. Whispering Pines (Alternate Take) / 18. Jemima Surrender (Alternate Take) / 19. King Harvest (Has Surely Come) (Alternate Performance)


1969年の2枚目。耳に残る曲ばかりだが、私の中ではいまひとつ印象の低かった1枚。"Making of The Band" を見てから、その印象は大きく変わった。このCDはRemasterモノだが、これだけは別テイクもありがたく思える。

ジャケ写の Richard Manuel の悲しげな眼が痛々しい。そう言えば "Making of The Band" の Rick Danko の太り様も、あまりといえばあまりだった。
  1. 2005/11/10(木) 23:10:00|
  2. .Rock .[B] (The) Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZZ Top - Greatest Hits

今日聞いた1枚
Greatest Hits   /   ZZ TOP
zztopgreatest.jpg7599-26846-2 (1992 Warner Music GERMANY)
1. Gimme All Your Lovin' / 2. Sharp Dressed Man / 3. Rough Boy / 4. Tush / 5. My Head's in Mississippi / 6. Pearl Necklace / 7. I'm Bad, I'm Nationwide / 8. Viva Las Vegas / 9. Doubleback / 10. Gun Love / 11. Got Me Under Pressure / 12. Give It Up / 13. Cheap Sunglasses / 14. Sleeping Bag / 15. Planet of Women / 16. La Grange / 17. Tube Snake Boogie / 18. Legs


ファンの方々、以後の数々の無礼ご容赦ください。

今の今まで、ひげのおっさん2人組だと思ってた。もう1人いたとは知りませんでした。想像してたほど硬派ではない。ヴォーカルも結構優しげ。でなきゃ売れないってか? アメリカンギターバンドって、グランドファンクのイメージが強くて...

1992年発売。一昨日、安売りしてたので思わず買いました。"Planet Of Women" あたりのスピード感は流石、石の上にもウン十年。
  1. 2005/11/11(金) 23:13:21|
  2. .Rock .[Z] ZZ Top
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aerosmith - O, Yeah! Ultimate Aerosmith Hits

今日聞いた1枚
O, YEAH! ULTIMATE AEROSMITH HITS   /   AEROSMITH
ultimateaero.jpgC2K 86700 (2002 Columbia USA?)
Disc 1
1. Mama Kin / 2. Dream On / 3. Same Old Song and Dance / 4. Seasons of Wither / 5. Walk This Way / 6. Big Ten Inch Record / 7. Sweet Emotion / 8. Last Child / 9. Back in the Saddle / 10. Draw the Line / 11. Dude (Looks Like a Lady) / 12. Angel / 13. Rag Doll / 14. Janie's Got a Gun / 15. Love in an Elevator / 16. What It Takes
Disc 2
1. The Other Side / 2. Livin' on the Edge / 3. Cryin' / 4. Amazing / 5. Deuces Are Wild / 6. Crazy / 7. Falling in Love (Is Hard on the Knees) / 8. Pink [The South Beach Mix] / 9. I Don't Want to Miss a Thing / 10. Jaded / 11. Just Push Play [Radio Remix] / 12. Walk This Way / 13. Girls of Summer / 14. Lay It Down


火曜日に購入の1枚。2枚組にもかかわらず、"GEMS" とダブりがなかったのでこれに決定。聞き覚えのある曲も。

もともとヘヴィメタ系は苦手で、おまけに Mick Jagger のそっくりさんでは、聴かず嫌いになるのが必然。今回、初めてじっくり聴かせていただきました。"Crazy" のような曲でタメが効かないのはヘヴィメタ系故か。もったいない気がするが、そうなればそうなったでそれこそミニストーンズで終わってたんだろう。

30年間続いたという偉大さに敬服させらる2枚組。
  1. 2005/11/12(土) 23:57:33|
  2. .Rock .[A] Aerosmith
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Who - Tommy

今日聞いた1枚
TOMMY   /   the who
tommy.jpgUICY-90045 (2005 UM3/USM JAPAN)
1. Overture / 2. It's A Boy / 3. 1921 / 4. Amazing Journey / 5. Sparks / 6. Eyesight To The Blind (The Hawker) / 7. Christmas / 8. Cousin Kevin / 9. The Acid Queen / 10. Underture / 11. Do You Think It's Alright? / 12. Fiddle About / 13. Pinball Wizard / 14. There's A Doctor / 15. Go To The Mirror! / 16. Tommy Can You Hear Me? / 17. Smash The Mirror / 18. Sensation / 19. Miracle Cure
20. Sally Simpson / 21. I'm Free / 22. Welcome / 23. Tommy's Holiday Camp / 24. We're Not Gonna Take It


火曜日に買った1枚。日本盤特別価格1,470円とは。1969年作品。今聴くとちょっと古臭さを感じるものの、おもろいものは今でもおもろい。

中学か高校の頃、どこかの文化祭かなんかで "スライド版TOMMY" を見たような。結構感動したのと、何を合図にスライドを変えていくのか不思議だったのを覚えている。ネットで検索してもそれらしきものがヒットしないのは何故。

更に記憶の中の Roger Daltrey の声はもっと艶やかで、フィナーレはもっともっと感動的だったんだが。
  1. 2005/11/13(日) 21:27:17|
  2. .Rock .[W] Who
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jackson Browne - Jackson Browne

今日聞いた1枚
JACKSON BROWNE   /   JACKSON BROWNE
saturatebeforeusing.jpgSD5051-2 (? Elektra/Asylum USA)
1. Jamaica Say You Will / 2. Child in These Hills / 3. Song for Adam / 4. Doctor My Eyes / 5. From Silver Lake / 6. Something Fine / 7. Under the Falling Sky / 8. Looking into You / 9. Rock Me on the Water / 10. My Opening Farewell


Tom Waits の1枚目と同様、日本盤未発売の為、田舎では入手するのに一苦労だった。1972年デビュー作ASYLUM盤。今聴いても、ほっとするような、せつなくなるような。この方は良くも悪くも純粋なんだろう。

厚生年金のコンサート。「本日の公演は終了いたしました。」のアナウンスがあり、客席の灯りも点き、客のほとんどが帰ったのに、始まってしまった?回目のアンコール。しつこく残ってた僅かな客は、ステージかぶりつきでノリノリ。あやつらはきっとラリラリ?
  1. 2005/11/14(月) 23:55:55|
  2. .Rock .[J] Jackson Browne
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blaze - 25 Years Later

今日聞いた1枚
25 YEARS LATER   /   BLAZE
25yearslater.jpgMOTD-6301 (1990 Motown USA)
ACT 1
Scene1. Street Corner: Get Up / Scene2. The Prayer: So Special / Scene3. The Fight: Miss My Love / You Don't Really Love Me / Scene4. Streetwalker: Anything for Your Lovin'
ACT 2
Scene5. The Dream: We All Must Live Together / Scene6. The Window: I Wonder / Scene7. The Bombing: Gonna Make It Work / Scene8. Confessions: All That I Should / Missing You / Scene9. The Acceptance: Lover Man / Scene10. The Cab: Love Is Forever / Broad and Market, NWK / Scene11. The Conclusion: The Hope Song


1990年MOTOWN作品。で、このタイトル、ジャケ、こんな髪型の3人組じゃ、思わず買っちまうでしょうが。でも、聞き覚えなし。

で、聴いてみると、まず Vocal が弱い。音も1990年なら、NJS でもハウスでも、もっと先を走ってたろう。取り上げてる題材にしても、押しなべて中途半端。残念。
  1. 2005/11/15(火) 22:20:40|
  2. .Black .[B] Blaze
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blue Magic - Blue Magic

今日聞いた1枚
BLUE MAGIC   /   BLUE MAGIC
bluemagic.jpgAMCY74 (1990 Warner Music JAPAN)
1. Sideshow / 2. Look Me Up / 3. What's Come Over Me / 4. Just Don't Want to Be Lonely / 5. Stop to Start / 6. Welcome to the Club / 7. Spell / 8. Answer to My Prayer / 9. Tear It Down


1974年のデビュー作ATCO盤。どこをどう切っても、まさにフィリー・サウンドという1枚。個人的には2曲目の "Look Me Up" の高揚感が最高。

Theodore Mills は、他のファルセットと比べて声が太い。それがこのグループの特徴となっている。それに制作陣の頑張りも見逃せない。
  1. 2005/11/16(水) 23:13:03|
  2. .Black .[B] Blue Magic
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Arthur Conley - Sweet Soul Music

今日聞いた1枚
sweet soul music   /   ARTHUR CONLEY
sweetsoulmusic.jpg20P2-2384 (1988 Warner Pioneer JAPAN)
1. Sweet Soul Music / 2. Take Me (Just As I Am) / 3. Who's Foolin' Who / 4. There's A Place For Us / 5. I Can'T Stop (No, No, No) / 6. Wholesale Love / 7. I'm A Lonely Stranger / 8. I'm Gonna Forget About You / 9. Let Nothing Separate Us /10. Where You Lead Me


1967年のデビュー作Atlantic盤。プロデュースに曲にと、これだけ Otis が絡んでるというだけでも貴重。

アップテンポの歯切れの良さは素晴らしい。比べてバラードが見劣りしてしまう。Sam Cooke を下手に意識しすぎて、Sam Cooke の域まで達してないので、ちょいコケたというところ。それを差し引いても、聴き応えありの1枚。
  1. 2005/11/17(木) 23:51:57|
  2. .Black .[A] Arthur Conley
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

Black Satin - Black Satin

今日聞いた1枚
Black Satin   /   Black Satin
blacksatin.jpgTECP-25801 (1991 Teichiku Records JAPAN)
1. Teras, Tears, Tears / 2. How I Wish We Could Do It Again / 3. Let My Fingers Do The Walkin' / 4. We're Star / 5. In The Still Of The Night / 6. Everybody Stand & Clap Your Hands / 7. Light The Matches / 8. Get It Up / 9. Hey There Pretty Lady / 10. All Over Now


オリジナルは1976年Buddah盤。「『イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト』の大ヒットで知られるファイヴ・サテンズが、ブラック・サテンズとなってカムバック。ソウル・コーラスの魅力満載の名盤が世界初CD化!!」とは帯の謳い文句。

名盤かどうかはさておき、これがCD化されること自体がすご過ぎる。とは言いつつ、喜んで買う方も買う方。

明らかに毛色の違う2曲目が、映像が勝手に浮かんで来て郷愁そそられる。確かにコーラスグループとしては秀逸だが、76年でこのサウンドでは厳しかったろう。
  1. 2005/11/18(金) 22:01:55|
  2. .Black .[B] Black Satin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bobby Womack And The Valentinos - Bobby Womack And The Valentinos

今日聞いた1枚
Bobby Womack And The Valentinos   /   Bobby Womack And The Valentinos
bwvalentinos.jpgWMC5-247 (1984 CHESS JAPAN)
1. I Found A True Love / 2. What About Me / 3. Do It Right / 4. I'm Gonna Forget About You / 5. Let's Get Together / 6. I've Come A Long Way / 7. See Me Through / 8. Darling Darling Darling / 9. Sweeter Than The Day Before / 10. Baby Girl / 11. A Lonesome Man


1965,66年に録音された曲を、1984年にアルバム化したモノ。CHESS盤。

The Last Soul Man なんですが、何か今ひとつ想い入れが湧かない。脂ぎってるからか、額が広すぎるからか。(すいません。すごい失礼な事言ってます。)

改めて聴いた。やっぱり巧いなと思ったが、そのほとんどが実は Bobby じゃなくて、すぐ上の兄 Curtis のリードの曲。というか全10曲中、少なくとも6曲が Curtis リードで、このタイトルはないんでないの?
  1. 2005/11/19(土) 21:30:07|
  2. .Black .[B] Bobby Womack
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bootsy Collins - What's Bootsy Doin'?

今日聞いた1枚
WHAT'S BOOTSY DOIN'?   /   BOOTSY COLLINS
whatsbootsydoin.jpgCK 44107 (1988 CBS USA)
1. Party on Plastic (What's Bootsy Doin'?) / 2. Subliminal Seduction (Funk-Me Dirty) / 3. Leakin' / 4. Shock-It-To-Me / 5. 1st One 2 the Egg Wins (The Human Race) / 6. Love Song / 7. (Iwannabee) Kissin' U / 8. *-Ing the 'Luv Gun' / 9. Yo-Moma-Loves Ya / 10. Save What's Mine for Me


1988年作品。P-Funk なんですよね。後半の方なんか Eurythmics みたいです。片や Blue Eyed Soul があるんで、こっちにもこういうのがあってもいいんでしょうが...

売れまくったという記憶があり、やはりそれ相応の出来映え。聴き飽きさせません。それと音の作りがいかにもベースの方らしい。

いいんですよ。間違いなくいい1枚とは思います。でも、私の中の "Black is Beautiful!" とは何かが違う。
  1. 2005/11/20(日) 21:42:53|
  2. .Black .[B] Bootsy Collins
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Boys - The Saga Continues...

今日聞いた1枚
THE SAGA CONTINUES...   /   THE BOYS
sagacontinues.jpg3746363362 (1992 Motown USA)
1. The Saga Continues... / 2. Doin' It With the B / 3. You Got Me Cryin' / 4. Tonite / 5. Funny 92 / 6. Happiness / 7. Thought You Knew / 8. Hak's House of Pleasure / 9. I'm Yours / 10. Be Yo Man / 11. Apple Juice / 12. Freak of the Week


1992年の3枚目にして、今のところ最後の作品。Khiry(73年生まれ)、Hakeem (75年)、Tajh (76年)、Bilal(78年)の4人兄弟。姓は Abdulsamad。Bilal が5歳、Khiry 9歳の時には歌い始めた。この作品の時点でも皆まだ10代だ。

キワモノという先入観でろくに聴いてなかったのだが、今となってはとんでもない掘り出し物だ。当時、弱冠17歳の Hakeem が Produce に Programming にと大活躍。とにかく凄いよ、違いのわかる子供だよ。4曲目で "Let's get it on" が出てくる所なんか決まりすぎ

所属の MOTOWN と何かあったのか? この後、兄弟はルーツに影響されてアフリカはガンビアに移住。上の2人はアメリカに帰国も、下の2人はそのままガンビアでスタジオやってるとの事。
  1. 2005/11/21(月) 20:07:06|
  2. .Black .[B] Boys
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Boyz II Men - Cooleyhighharmony

今日聞いた1枚
COOLEYHIGHHARMONY   /   Boyz II Men
cooleyhighharmony.jpgMOTD-6320 (1991 Motown USA?)
1. Please Don't Go / 2. Lonely Heart / 3. This Is My Heart / 4. Uhh Ahh / 5. It's So Hard to Say Goodbye to Yesterday / 6. Motownphilly / 7. Under Pressure / 8. Sympin / 9. Little Things / 10. Your Love


1991年のデビュー作。Motown が、90年の Jhonny Gill に続いて次世代看板候補として放ったのが、女性ヴォーカリストの Shanice、そしてグループでは Boyz II Men。

Boyz II Men は、ヴォーカルグループとしては異色だ。ファルセット、テナー、バリトンという定型ほどの声質の差がない。かといって、他をバックコーラスとして従えてしまうほどのリードシンガーがいるわけでもない。アップテンポではどうしても線が細く感じてしまう。

NJS全盛期に、アカペラをカマした戦術の勝利のようにも思えた。だが、"It's So Hard to Say Goodbye to Yesterday" "End of the Road" "I'll Make Love to You" と柳の下に3匹もドジョウがいるわけはない。彼らの実力を認めざるを得ないが、未だに不思議なグループ。
  1. 2005/11/22(火) 23:56:12|
  2. .Black .[B] Boyz II Men
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Boyz II Men - Cooleyhighharmony(?)

今日聞いた1枚
COOLEYHIGHHARMONY   /   Boyz II Men
cooleyhighharmony_r.jpg530089-2 (1992 Motown USA?)
1. End of the Road (LP Version) / 2. Please Don't Go / 3. Lonely Heart / 4. This Is My Heart / 5. Uhh Ahh (Sequel Version) / 6. It's So Hard to Say Goodbye to Yesturday (Original Version) / 7. In the Still of the Night (I'll Remember) / 8. Motownphilly (Remix Radio Edit) / 9. Under Pressure / 10. Sympin (Remix Radio Edit) / 11. Little Things / 12. Your Love / 13. Motownphilly (Original Version) / 14. Sympin (Original Version) / 15. Uhh Ahh (Original Version) / 16. It's So Hard to Say Goodbye to Yesturday (Radio Version)


おそらく92年モノ。映画 BOOMERANG のサントラの "End of the Road" がバカ売れしたので、1枚目の(中途半端な)Remixモノをくっつけて金儲けに走った1枚(?)。当時の流れとして、BOOMERANG のサントラもかなり売れてたから、これを買う意味は Five Satins のカバー "In the Still of the Night" くらい。

現在、売られてるモノは全17曲入りのようだが、私のコレは全16曲。Spanish Version なるものがなく、"End of the Road" の LP Version が1曲目にきている。もともと、シングル+Remix集みたいなものなので、曲数や並びはどうでもいいが、今これをあたかもファーストアルバムかのように売るのはいかがなものか。ジャケ写も情けない...
  1. 2005/11/23(水) 22:41:22|
  2. .Black .[B] Boyz II Men
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Boyz II Men - Christmas Interpretations

今日聞いた1枚
Christmas Interpretations   /   Boyz II Men
xmasinterpretations.jpg374636365-2 (1993 Motown Germany)
1. Silent Night (Intro) / 2. Let It Snow / 3. Share Love / 4. You're Not Alone / 5. A Joyous Song / 6. Why Christmas / 7. Cold December Nights / 8. Do They Know / 9. Who Would Have Thought / 10. Silent Night


93年発売。わけのわからない 「Remixもどき」 に続いて出たのが、Motown 十八番のクリスマス盤。「Boyz II Men なら」 との期待と、「いつもの Motown か」 との嫌な予感が交錯する中、結局買ってしまった。(おそらく十数年経った今でも成長はしてないだろう。)

1曲目の "Silent Night" で嫌な予感が現実の物となる。未だにこれは悪い冗談としか思えない。2曲目で少し持ち直すものの、後は襲いくる睡魔に身を委ねるのみ。最後がまた "Silent Night" とは。いかに、クリスマスキャロルが数多いとは言え、聞き覚えのある曲が最初と最後の奴しかないのは何故だろうとよく見れば、「後は全部オリジナルかよ!」

ここまでオリジナルでありながら、この翌年に出る1枚が "II" というタイトルになったところが、この作品の位置を表しているのでは。
  1. 2005/11/24(木) 22:11:19|
  2. .Black .[B] Boyz II Men
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

various - Boomerang (Original Sound Track)

今日聞いた1枚
Boomerang (Original Sound Track)   /   various
boomerang.jpg73008 26006-2 (1992 LaFace Records USA)
1. Give U My Heart - Babyface featuring Toni Braxton / 2. It's Gonna Be Alright - Aaron Hall / 3. Tonight Is Right - Keith Washington / 4. I'd Die Without You - P.M. Dawn / 5. 7 Day Weekend - Grace Jones / 6. End of the Road - Boyz II Men / 7. Reversal of a Dog - Tha LaFace Cartel (Damian Dame, Highland Place Mobsters, TLC, introducing Toni Braxton) / 8. Love Shoulda Brought You Home - Toni Braxton / 9. There U Go - Johnny Gill / 10. Don't Wanna Love You - Shanice / 11. Feels Like Heaven - Kenny Vaughan & "The Art Of Love" / 12. Hot Sex - Tribe Called Quest


1992年 Eddie Murphy 主演映画のサントラ盤。と言うよりは、サントラにかこつけて、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの LaFace コンビが作ったオールスター作品。企画的には、映画が目的なのかサントラが目的なのかよくわからない前年の "New Jack City" の二番煎じか。

とにもかくにもこの時期を代表する1枚。J. Gill と Shanice の楽曲がちょいハズれなのが玉に瑕だが、とびきりの Boyz II Men "End of the Road" を筆頭にとてもサントラとは思えないトータル感がある。LaFace 渾身の作。
  1. 2005/11/25(金) 23:55:55|
  2. .Black .[various] [Soundtrack Album]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shanice - Inner Child

今日聞いた1枚
inner child   /   Shanice
innerchild.jpg3746363192 (1991 Motown USA)
1. Keep Your Inner Child Alive (Interlude) / 2. I Love Your Smile / 3. Forever In Your Love / 4. I'm Cryin' / 5. I Hate To Be Lonely / 6. Stop Cheatin' On Me / 7. Silent Prayer / 8. Peace In The World / 9. Lovin' You / 10. You Ain't All That / 11. Shanice & Mookie Meet Homey (Interlude) / 12. You Didn't Think I'd Come Back This Hard / 13. You Were The One / 14. I Love Your Smile (Hakeem's Mix) / 15. Goodnight (Interlude)


91年作。自身2枚目、Motown での1枚目。"I Love Your Smile" のスマッシュヒットには、Motown も笑いが止まらなかっただろう。

プロデュースを LaFace ではなく Narada Michael Walden にしたあたりが心憎い。ちゃかり J.Gill のクレジットあり、ボーナストラック "I Love Your Smile" は The Boys の Hakeem Remix と、やる事に抜かりはない。

73年生まれ。この時まだ17才か18才。この歳でこれだけ歌えれば、大器の片鱗で充分...片鱗で終わってしまったのか...
  1. 2005/11/26(土) 23:55:55|
  2. .Black .[S] Shanice
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

various - Music From The Motion Picture NEW JACK CITY

今日聞いた1枚
Music From The Motion Picture NEW JACK CITY   /   various
newjackcity.jpg9 24424-2 (1991 Giant Records USA)
1. New Jack Hustler - Ice T / 2. I'm Dreaming - Christopher Williams / 3. New Jack City - Guy / 4. I'm Still Waiting - Johnny Gill / 5. (There You Go) Tellin' Me No Again - Keith Sweat / 6. Facts of Life - Danny Madden / 7. For the Love of Money/Living for the City (Medley) - Troop/Levert featuring RAP by Queen Latifah / 8. I Wanna Sex You Up - Color Me Badd / 9. Lyrics 2 the Rhythm - Essence / 10. Get It Together (Black Is a Force) - F.S. Effect / 11. In the Dust - 2 Live Crew


91年。ギャングと刑事モノ映画のサントラ盤。映画自体は、カッコいい兄ちゃん達がドンパチやってたという記憶以外は残ってない。3人組がドラム缶の焚き火に当たりながら、アカペラ歌ってたシーンがあったような気がするのだが、これじゃなかったか?

これだけ旬の連中を張り合わせれば駄作になりようがない。7曲目の Troop と Levert なんてもったいないような組み合わせ。K.Sweat の納豆ボイスが J.Gill の直後でもさほど遜色ないというか、ガクっと来ない事には驚いた。
  1. 2005/11/27(日) 21:19:10|
  2. .Black .[various] [Soundtrack Album]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Boyz II Men - II

今日聞いた1枚
II Boyz II Men   /   Boyz II Men
boyzIImen_II.jpg530 431-2 (1994 Motown USA?)
1. Thank You / 2. All Around The World / 3. U Know / 4. Vibin' / 5. I Sit Away / 6. Jezzebel / 7. Khalil (Interlude) / 8. Trying Times / 9. I'll Make Love To You / 10. On Bended Knee / 11. 50 Candles / 12. Water Runs Dry / 13. Yesterday / 14. Fallin'


94年、満を持して放った2枚目。思惑通り売れまくったのは良かったとして。

1、2曲目と期待感が膨らんでいくのだが、後は中だるみ。Jazz風味狙いも中途半端。やはりジャンプナンバーをこなせないのはCDの曲数には辛い。Babyface と T.Lewis の株は上がったが。

問題は Beatles のカバー。すでにトップスターの Boyz II Men が、こういうカバーをすれば、当然偉大なる先達たち、それこそ Otis や Aretha あたりと比較されるのは必然。果たして、彼らならではの "Yesterday" に仕上がっているのだろうか?
  1. 2005/11/28(月) 22:55:00|
  2. .Black .[B] Boyz II Men
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Boyz II Men - Evolution

今日聞いた1枚
EVOLUTION   /   Boyz II Men
evolution.jpg530 822-2 (1997 Motown USA?)
1. Doin' Just Fine / 2. Never / 3. 4 Seasons Of Loneliness / 4. Girl In The Life Magazine / 5. A Song For Mama / 6. Can You Stand In The Rain / 7. Can't Let Her Go / 8. Baby C'mon / 9. Come On / 10. All Night Long / 11. Human II (Don't Turn Your Back On Me) /
12. To The Limit / 13. Dear God / 14. Just Hold On


97年作。3年も経って、このアルバムタイトルなのに、この内容では、市場の扱いも寂しくなるだろう。前作で少し感じた脱黒人色が一層強まっている。だいたいが「最初の選手」って何?

東アジア滞在中に、懲りずにこの次のマイク4本並んでる1枚も買った。でも、そのまま持ち歩くことはなかった。手元にある Boyz II Men は、これにて終了。
  1. 2005/11/29(火) 23:55:19|
  2. .Black .[B] Boyz II Men
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brook Benton - Unforgettable (16 GOLDEN CLASSICS)

今日聞いた1枚
Unforgettable (16 GOLDEN CLASSICS)   /   BROOK BENTON
unforgettableBB.jpgUNCD10 (1987 Castle Communications UK)
1. Kiddio / 2. It's Just A Matter Of Time / 3. My True Confession / 4. Frankie And Johnny / 5. Think Twice / 6. Hotel Happiness / 7. Thank You Pretty Baby / 8. The Boll Weevil Song / 9. Rainy Night In Georgia / 10. Revenge / 11. Lie To Me / 12. So Many Ways / 13. I Got What I Wanted / 14. Ties That Bind / 15. Shadrack / 16. For My Baby


Silky smooth と称される BROOK BENTON のUK編集モノ。59年から十年以上に渡る数々のヒット曲が、レコード会社を超えて収録されている。

一度聞いたら忘れられない至高のバリトン。とにかく安らぐ、ほっとする。たくさんの種類の編集モノの輸入盤があるので、是非1枚お試しあれ。
  1. 2005/11/30(水) 22:00:51|
  2. .Black .[B] Brook Benton
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

庵珠功

サマータイム・ブルース

さようなら原発1000万人アクション

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プチ月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

miniTube

[A+] ブログパーツ公開中

Amazonおまかせリンク

タグクラウドV1.2a

Surface(#1)Southern Culture On The Skids(#1)林 曉培(#1)David Lindley(#1)Whispers(#4)Lightning Seeds(#3)Boston(#1)Shirley Brown(#1)Smokey Robinson And The Miracl(#3)Quicksilver Messenger Service(#7)Eric Benet(#2)Solomon Burke(#1)Derek & The Dominos(#2)あがた 森魚(#1)Dimples(#1)Quad City DJ's(#1)Peter Frampton(#1)Anthony White(#1)Carole King(#1)Gerald Alston(#4)Jellyfish(#1)Valentinos(#1)Kinks(#28)MC5(#1)Cake(#1)La's(#1)Franz Ferdinand(#2)Jefferson Airplane(#11)Pretenders(#1)Dan Bern(#1)New Edition(#3)Scritti Politti(#1)Barry White(#1)Solo(#1)荒井 由実(#3)Echo & The Bunnymen(#1)Delfonics(#1)Shanice(#2)Ruth(#1)J. Geils Band(#3)Ramones(#2)Blue Magic(#1)Diana Ross(#1)Bernie Leadon Michael Georgiades(#1)El DeBarge(#1)Moonglows(#1)Louis Price(#1)Prince(#9)Rude Boys(#2)Depeche Mode(#1)Alexander O'Neal(#3)Rick James(#1)Beautiful South(#8)Free(#1)Camper Van Beethoven(#7)The Band(#15)Styx(#1)Fine Young Cannibals(#3)Joy Division(#1)Soul Generation(#1)Eddie Money(#1)Green Day(#3)Fairground Attraction(#1)Robbie Robertson(#2)Smithereens(#2)Xscape(#2)Chic(#1)Helmet(#1)Simon And Garfunkel(#2)Arrested Development(#2)Thompson Twins(#1)Marvin Gaye(#11)Dr. Robert(#1)Almighty(#1)Originals(#2)Todd Rundgren(#3)Trampolines(#2)Undisputed Truth(#1)Hatfield And The North(#1)Ronnie Wood(#5)Edie Brickell & New Bohemians(#1)Linda Ronstadt(#2)Stevie Nicks(#1)Strictly Commercial(#1)Hot Tuna(#1)Mike Davis(#1)Benjamin Orr(#1)Chris Rea(#1)Huey Lewis And The News(#2)Humble Pie(#1)Eugenius(#2)Folk Implosion(#1)Billy Preston(#2)Joni Mitchell(#1)Whodini(#1)Z. Z. Hill(#2)Lionel Richie(#1)DeBarge(#1)Blood Sweat & Tears(#1)John Wesley Harding(#1)Who(#4)Roy Brown(#1)Rufus featuring Chaka Khan(#1)Johnny And The Hurricanes(#1)Jimmy Castor Bunch(#1)Three Walls Down(#1)Mary J. Blige(#1)Eric Clapton(#1)Kipper Jones(#1)Diana And Marvin(#1)Journey(#1)Chairmen Of The Board(#1)Sundays(#1)LeVert(#4)Gastr del Sol(#1)Mr. T Experience(#2)Pink Floyd(#9)Firefall(#1)Style Council(#7)KC And The Sunshine Band(#1)James Brown(#20)James 'D-Train' Williams(#1)Smashing Pumpkins(#3)Virginia Astley(#2)本木雅弘(#1)Laura Nyro(#7)Creedence Clearwater Revival(#11)Poco(#2)Christine McVie(#1)Aztec Camera(#1)Raspberries(#1)Bruce Springsteen(#7)Maria Muldaur(#1)Squeeze(#1)Boyz II Men(#5)Roger(#2)Cyndi Lauper(#2)Intruders(#1)Komeda(#1)Sonic Youth(#3)Daryl Hall And John Oates(#1)Men At Work(#1)Jamie Principle(#1)Black Satin(#1)Jon Secada(#1)Public Image Ltd.(#3)Robert Wyatt(#1)Eagles(#4)Al Kooper(#4)Christopher Cross(#1)Paul Simon(#4)Rhythm Machine(#1)Commodores(#3)Paddy McAloon(#1)John Mayall And The Blues (#1)Nick Drake(#3)America(#1)Temptations(#20)Rose Royce(#1)Olympics(#1)Mott The Hoople(#1)Nitty Gritty Dirt Band(#1)Tom Waits(#6)Fleetwood Mac(#4)Riverside(#1)Change(#1)Forest For The Trees(#1)Police(#5)Windy City(#1)Sixpence None The Richer(#2)Yes(#4)Basia(#2)Corrinne May(#3)Sam Cooke(#3)Glenn Jones(#5)Little Feat(#5)True Reflection(#1)Lou Reed(#5)Four Mints(#1)Jean Corti(#1)Marvelettes(#1)Rick Wakeman(#3)Don Henley(#2)Gladys Knight And The Pips(#2)Millennium(#1)Orleans(#2)Replacements(#2)Zan(#1)Buggles(#1)Soul Children(#1)杏里(#4)Bangles(#2)Matthew Sweet(#2)Simple Minds(#1)Kate Taylor(#2)Spencer Wiggins(#1)Ini Kamoze(#1)John Lennon/Plastic Ono Band(#1)Anthony David(#1)蔡 健雅(#1)KBC Band(#1)Philippe Wynne(#1)Zhane(#2)Young Marble Giants(#1)Eric Gable(#2)猿岩石(#1)Silk(#1)Haircut 100(#1)Change Of Pace(#1)Beastie Boys(#1)Delaney And Bonnie(#2)Chuckii Booker(#2)Gloria Estefan(#1)Escorts(#1)Sting(#2)Manhattan Transfer(#1)Uriah Heep(#1)Teddy Pendergrass(#2)INXS(#1)Stevie Ray Vaughan(#1)Wayne Kramer(#1)XTC(#4)Was (Not Was)(#2)Brenton Wood(#1)Harry Nilsson(#7)Crowded House(#2)Willie Clayton(#2)Betty Wright(#1)Dire Straits(#2)Tyrone Davis(#2)B-52's(#2)Morten Harket(#1)Aretha Franklin(#11)Billy Ocean(#1)Eggstone(#1)Manhattans(#1)Crosby, Stills, Nash & Young(#2)Gang Of Four(#1)Grand Funk Railroad(#4)Honeyz(#1)Keith Martin(#1)Pop Group(#1)Deitrick Haddon And Unity Prai(#1)Motorhead(#1)O'Bryan(#1)Donny Hathaway(#5)George Clinton(#2)Bobby Charles(#1)Freddie Jackson(#1)Phil Perry(#3)Saint Etienne(#1)Ambitious Lovers(#1)Fantastic Four(#1)Five Royales(#1)En Vogue(#1)Geoff McBride(#1)Jonathan Butler(#1)Specials(#1)Nirvana(#1)Syl Johnson(#5)Rod Stewart(#10)Nick Heyward(#1)Beck, Bogert And Appice(#2)J.B.'s(#1)Bad Company(#1)Keith Sweat(#7)Eric Andersen(#6)Stephen Stills(#4)Joe Cocker(#1)Peter Gabriel(#1)Monochrome Set(#3)Love Committee(#1)Quiet Elegance(#1)Jackson Browne(#7)Stacy Lattisaw(#1)Lattimore Brown(#1)Brook Benton(#1)Lone Justice(#1)Sex Pistols(#1)Rickie Lee Jones(#1)Otis Clay(#1)Ten City(#1)Soft Machine(#1)Dead Or Alive(#1)Allman Brothers Band(#3)Duane Allman(#1)Meat Loaf(#1)泉谷 しげる(#13)City(#1)Beatles(#3)Dee Harvey(#1)10cc(#2)Buster Poindexter(#2)Clash(#3)Stooges(#3)AC Black(#1)Four Tops(#4)Glenn Frey(#1)Little Anthony And The Imperia(#1)Guns N' Roses(#3)Jo Mama(#1)Mike Oldfield(#1)Them(#1)Platters(#1)DAG(#1)Black Sabbath(#1)Isaac Hayes(#1)Mavis Staples(#5)Erci Andersen(#1)Wilson Pickett(#1)Will Downing(#1)Esther Phillips(#5)Mr. Fiddler(#1)Fratellis(#2)Flamingos(#1)Al B. Sure!(#1)Santana(#3)Captain Beefherat & His Magic&(#1)Nicky Hopkins(#6)James Robinson(#1)George Harrison(#2)Bill LaBounty(#1)O. V. Wright(#5)100 Proof Aged In Soul(#1)Bebe And Cece Winans(#1)Neil Young(#13)Culture Club(#1)Sam And Dave(#1)泉谷 しげる(#1)Ray Davies(#3)Caravan(#1)Jefferson Starship(#10)Metric(#3)Stylistics(#1)Jodeci(#2)Pale Fountains(#1)Beck(#6)Futures(#1)REO Speedwagon(#1)Starship(#2)Fishbone(#2)Byrds(#5)相川 七瀬(#1)Bootsy Collins(#1)Doors(#4)Pogues(#1)韓 雪(#1)Billy Joel(#1)Whatnauts(#2)Yeah(#1)Staple Singers(#1)Aaron Neville(#3)New York Dolls(#1)Aerosmith(#2)井上 陽水(#23)Average White Band(#1)Sherrick(#1)Simply Red(#6)J. Blackfoot(#2)Lorenzo Smith(#2)Wynonie Harris(#1)Paul Weller(#1)今井 美樹(#6)Roxy Music(#6)Spaniels(#1)Don Bryant(#3)Robert Randolph And The Family(#2)New Order(#1)Beau Williams(#1)O´Jays(#6)Lennon Plastic Ono Band(#1)Pixies(#1)Suicide(#1)Five Stairsteps(#1)Alanis Morissette(#2)Smoothe Sylk(#1)Ben Watt(#1)Ink Spots(#2)James Taylor(#5)Tevin Campbell(#4)Godley And Creme(#1)Frankie Lymon and The Teenager(#1)Leonard Cohen(#1)Graham Central Station(#2)Chi-Lites(#1)Silverhead(#1)Ten Years After(#1)Human Body(#1)Prefab Sprout(#6)Pavement(#3)Dismemberment Plan(#1)Curiosity Killed The Cat(#2)Vanilla Fudge(#1)Ry Cooder(#12)T. Rex(#3)Richard And Linda Thompson(#1)Loggins And Messina(#2)Blood, Sweat & Tears(#1)Otis Redding(#8)Yeahs(#1)Minus 5(#1)Latimore(#2)Force M.D.'s(#1)Lighthouse Family(#1)Bobby Thurston(#1)Tease(#1)Ray Charles(#2)Supertramp(#1)Mike Bloomfield(#1)Parliament(#3)Peaches And Herb(#1)Beach Boys(#1)Zombies(#2)Portishead(#2)Karla Bonoff(#1)Tracy Chapman(#1)Lovesmith(#1)Tortoise(#1)Coasters(#1)Terry Ellis(#1)Caron Wheeler(#1)Crosby, Stills & Nash(#1)Full Force(#3)Grateful Dead(#4)Phil Manzanera(#1)Queen(#1)After 7(#1)Human League(#2)OG's(#1)Everything But The Girl(#10)Moments(#3)Lee Oskar(#6)Anita Baker(#2)Rufus Wainwright(#2)A Shrine(#1)After Dinner(#1)Jeff Beck Group(#2)Cure(#7)Peter Wolf(#1)Roger Nichols(#1)King Crimson(#8)Soundgarden(#2)Rick Danko(#1)Deep Purple(#3)Michael Jackson(#1)Paul Young(#1)Dishwalla(#1)Johnnie Taylor(#3)Far(#1)Los Lobos(#4)Jamiroquai(#1)Rockie Robbins(#1)Traffic(#2)Coldplay(#4)Doobie Brothers(#2)Time(#2)Belly(#1)Allen Toussaint(#1)Roberta Flack and Donny Hathaw(#1)Dramatics(#2)Cecilio And Kapono(#1)P.M. Dawn(#1)Eric Gadd(#1)Trammps(#2)Cars(#1)Papa John Creach(#2)Devo(#1)Emerson, Lake And Palmer(#5)Neville Brothers(#2)Amp Fiddler(#1)Georgie Fame(#1)Chieftains(#1)Ron Sexsmith(#1)Lizzy Mercier Descloux(#2)Freedom(#1)Cheap Trick(#2)The Dells vs. The Dramatics(#1)Stepz(#1)Blind Faith(#1)Billie Davis(#1)Al Green(#16)Cat Stevens(#2)Elvin Bishop(#2)Fifth Avenue Band(#1)My Bloody Valentine(#1)Linda Lewis(#1)Kane Gang(#2)John Legend(#2)Jeff Buckley(#1)Dru Hill(#1)Garland Jeffreys(#1)Dexys Midnight Runners(#2)Mr. Mister(#2)Kool And The Gang(#1)Ray, Goodman And Brown(#2)Bar-Kays(#1)David Sea(#1)Wet Wet Wet(#1)Bob Dylan(#34)Slits(#1)Rascals(#2)Metallica(#1)Craig David(#2)Terry Huff and Special Deliver(#1)Charm(#1)Stevie Ray Vaughan And Double&(#1)Process And The Doo Rags(#1)Mick Taylor(#1)Elton John(#3)By All Means(#2)陳 慧嫻(#1)稲垣 潤一(#1)Chris Hillman(#1)Ronettes(#1)Warren Zevon(#1)Chicago(#11)Montclairs(#1)Dee Clark(#1)Craig Chaquico(#2)芮 恩(#1)Howard Jones(#2)Marvin Gaye And Tammi Terrell&(#1)Womack And Womack(#1)Strokes(#3)U2(#13)Blaze(#1)Archie Bell And The Drells(#1)Pineforest Crunch(#3)Ali-Ollie Woodson(#1)Smokey Robinson(#2)Hungry Chuck(#1)Fugees(#1)William DeVaughn(#1)Fra Lippo Lippi(#1)Gilbert O'Sullivan(#1)1910 Fruitgum Company(#1)Foreigner(#2)Stone Roses(#1)Terence Trent D'Arby(#2)Robbie Mychals(#1)Van Halen(#2)Ebonys(#1)LSG(#1)Ohio Players(#1)Impressions(#1)Moody Blues(#1)UB40(#1)Spinners(#3)Syleena Johnson(#1)Omar Chandler(#1)John Hiatt(#3)Joe(#1)Guy(#1)Jackie Wilson(#14)Relative Ash(#1)Jimi Hendrix(#5)Gregory Abbott(#3)Dee. C. Lee(#3)Peabo Bryson(#4)Dave Mason(#3)Yoko Ono(#1)Gram Parsons(#1)Bobby Brown(#2)Hooters(#2)Verve(#2)Bill Brandon(#1)Small Faces(#2)安全地帯(#2)Frankie Goes To Hollywood(#1)3some(#1)J. J. Cale(#1)Bruce Hornsby And The Range(#1)Sly And The Family Stone(#3)Persuaders(#1)Marc Dorsey(#1)Percy Sledge(#1)Hummingbird(#1)Bruce Hornsby & The Range(#1)Frank Zappa(#1)蔡 依林(#1)Electric Light Orchestra(#2)John Lennon(#5)Michel Polnareff(#1)Luther Ingram(#2)Holly Palmer(#1)Vivienne McKone(#1)Head Quarters(#1)Tower Of Power(#1)Wallflowers(#2)Blondie(#2)Ready For The World(#1)Demetrius Perry(#1)Jerry Butler(#1)Southern All Stars(#1)Troop(#1)Faces(#3)Alex Taylor(#1)Ian Dury(#1)Bryan Ferry(#2)Black Ivory(#1)Mary Wells(#1)Lee Dorsey(#1)Mel & Tim(#1)Nation Funktasia(#1)Lutricia McNeal(#1)Bobby Womack(#4)Dino Valente(#1)Lovin' Spoonful(#1)Cameo(#2)Kraftwerk(#5)Martha Reeves And The Vandella(#2)Meters(#1)Johnny Kemp(#1)Solid Solution(#1)Dr. John(#1)Clarence Carter(#1)Gerald Levert(#1)Georgia Satellites(#1)Wilson Pickett(#1)Ambition(#1)Joe Tex(#1)Village Green(#1)Rage Against The Machine(#4)Led Zeppelin(#7)Eric Hutchinson(#1)Carly Simon(#2)Woody Rock(#1)R.E.M.(#6)Enya(#1)David Bowie(#3)PFM(#2)Eurythmics(#1)James Carr(#1)Jesse 'Ed' Davis(#3)Steve Stills(#1)Van Dyke Parks(#3)Marshall Tucker Band(#1)Premiata Forneria Marconi(#2)Johnny Gill(#8)Kiss(#1)Television(#2)Smiths(#4)Big Brother & The Holding (#1)Timers(#1)Paul McCartney(#2)Jam(#3)War(#1)Buffalo Springfield(#3)吉岡秀隆(#1)Nico(#1)Rolling Stones(#62)Leon Rosselson(#1)Butterfield Blues Band(#1)Ecstasy, Passion And Pain(#1)Eddie Floyd(#1)Housemartins(#4)Sam Salter(#1)Garry Glen(#1)Dells(#5)井上 陽水(#1)Big Star(#1)Alyson Williams(#2)Babyface(#2)Massive Attack(#2)Velvet Underground(#4)Sisqó(#1)Billy Stewart(#1)Roberta Flack(#2)Keziah Jones(#1)Donald Fagen(#3)Intro(#1)Pasadenas(#1)Leotis(#1)Radiohead(#3)Ohio Express(#1)Divinyls(#1)Heather Small(#1)Jackson 5(#1)Tracey Thorn(#1)Last Days Of April(#3)Keni Burke(#1)S.H.E.(#2)Orchestral Manoeuvres In The D(#1)RC Succession(#6)Airplay(#1)Steve Miller Band(#3)Robbie Nevil(#1)Victoria Wilson-James(#1)ZZ Top(#1)Wham!(#1)Kashif(#1)Stevie Wonder(#5)Hollowbodies(#1)Cranberries(#1)Ric Ocasek(#1)B.A.D.(#2)Nine Inch Nails(#2)Little River Band(#1)IV Example(#1)Blow Monkeys(#4)Boys(#3)Sade(#2)No Doubt(#5)Hole(#3)Joe Public(#1)Mogwai(#2)Jethro Tull(#3)Red Hot Chili Peppers(#1)Harvey(#2)Paul Butterfield's Better Days(#1)Boz Scaggs(#2)Don Nix(#4)張 惠妹(#1)Ephraim Lewis(#1)New RidersOf The Purple Sage(#1)Patti Smith(#2)Atlanta Rhythm Section(#2)Alice Cooper(#2)Talking Heads(#5)Earth Wind & Fire(#1)Buckshot LeFonque(#1)State Of Art(#1)John Sebastian(#1)Leon Russell(#15)Garnet Mimms(#1)Chalk FarM(#1)Modulations(#1)R. Kelly and Public Announceme(#1)Def Leppard(#2)Steely Dan(#2)PJ(#2)Pearl Jam(#4)Randy Newman(#8)Procol Harum(#1)Waterboys(#2)Me'Shell Ndegéocello(#1)Hirth Martinez(#2)Livingston Taylor(#8)Kansas(#1)Curtis Mayfield(#3)忌野 清志郎(#8)Dominoes(#1)Zapp(#4)Hives(#2)Ovations(#1)Janis Joplin(#2)Oran Juice Jones(#1)井上陽水奥田民生(#2)Bernadette Cooper(#1)Christians(#1)David Peaston(#1)Chase(#1)Bill Withers(#1)Richard "Dimples" Fields(#2)Alice Clark(#1)Jeff Beck(#6)Travis(#3)Funkadelic(#5)Elvis Costello(#2)Primal Scream(#4)Rahsaan Patterson(#1)Squirrel Nut Zippers(#1)Us3(#1)Tammi Terrell(#1)Cream(#3)Luther Vandross(#2)Van Morrison(#11)Toto(#2)Method Man(#1)Ace Spectrum(#1)Keith Washington(#1)Toots(#1)Manassas(#1)John Cougar Mellencamp(#2)Drifters(#2)John David Souther(#2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。