人生の午後 - the afternoon of life -

海外逃亡から不名誉の帰還。そして今、人生の午後が始まった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Aaron Neville - Warm Your Heart

今日聞いた1枚
Warm Your Heart   /   Aaron Neville
warmyourheart.jpg75021 5354 2 (1991 A&M USA)
1. Louisiana 1927 / 2. Everybody Plays the Fool / 3. It Feels Like Rain / 4. Somewhere, Somebody / 5. Don't Go, Please Stay / 6. With You in Mind / 7. That's the Way She Loves / 8. Angola Bound / 9. Close Your Eyes / 10. Vie Dansante / 11. Warm Your Heart / 12. I Bid You Goodnight / 13. Ave Maria


兄弟バンドがどんどん垢抜けてきて、挙句の果てに1991年に出たソロがここまで万人受け。最初に聞いた時はちょいガックリした。

でも、この声はズルい。何やっても許されるのかよ。秋の夜長、物想いにふけるには最適。クレジット見てるだけでも、その筋にはたまらん1枚。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/01(土) 23:55:55|
  2. .Black .[A] Aaron Neville
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ace Spectrum - Low Rent Rendezvous

今日聞いた1枚
LOW RENT RENDEZVOUS   /   ACE SPECTRUM
lowrentrendezvous.jpgAMCY72 (1990 Warner Pioneer JAPAN)
1. Third Rate Romance (Low Rent Rendezvous) / 2. You Ain't No Match For Me / 3. Without You / 4. Keep Holding On / 5. Beautiful Love / 6. Trust Me / 7. I Just Want To Spend The Night With You / 8. Laughter In The Rain / 9. Do You Remember Yesterday


70年代NYのコーラスグループ。3枚出した内の2枚目、1975年ATLANTIC盤。良質な1枚。ジャケ写が時代を感じさせてますね。

こういうのがCD化されてるところが日本って素晴らしい。(ひょっとしてバブル期の話で、今や過去形なのでしょうか?)ヨーロッパ辺りなら、ベスト盤組んでますね。
  1. 2005/10/02(日) 22:55:55|
  2. .Black .[A] Ace Spectrum
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

After 7 - Takin' My Time

今日聞いた1枚
takin' my time   /   after 7
takinmytime.jpgV2-86349 (1992 Virgin America USA)
1. All About Love / 2. Kickin' It / 3. Can He Love You Like This / 4. Truly Something Special / 5. Baby I'm for Real (Natural High) / 6. Takin' My Time (Interlude) / 7. No Better Love / 8. Takin' My Time / 9. G.S.T. / 10. Love by Day, Love by Night / 11. He Said, She Said / 12. Takin' My Time (Reprise)


1992年発売。おそらく "Baby I'm For Real" をやってたから買ったような記憶が。Sherrick の柳の下なんかいるわけがない。

Babyface の兄2人と L.A. Reid の従兄弟の3人組だそうだ。なるほど兄貴達(の特に片方)は顔似てる。成り立ちからニュージャックせざるを得なかったのだろうが、本当はどうだったのだろう。

Babyface と比べりゃ、はるかに上手いし、グループとしてもそこそこ。何で "Baby I'm For Real" を選んだかね...
  1. 2005/10/03(月) 22:15:25|
  2. .Black .[A] After 7
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Al B. Sure! - Private Times... And The Whole 9!

今日聞いた1枚
PRIVATE TIMES... AND THE WHOLE 9!   /   AL B. SURE!
prvatetimes.jpg9 26005-2 (1990 Warner Bros. USA)
1. Hotel California / 2. Touch You / 3. So Special / 4. I Want to Know / 5. No Matter What You Do / 6. Shades of Grey / 7. Private Times / 8. Misunderstanding / 9. Channel J / 10. Had Enuf? / 11. Just for the Moment / 12. Sure! Thang / 13. You Excite Me / 14. Hotel California Bass Mix / 15. Ooh This Jazz Is So


1990年発売の2枚目。1曲目 "Hotel California" って... うだうだと鼻歌バラードが続いた挙句に、5曲目がトドメのダイアナロスとのデュエット(と呼べる代物か?)。

後半はやや持ち直すけど、それもあくまでも前半との比較の話。3枚目で歌い手はやめて正解でしょう。
  1. 2005/10/04(火) 21:32:53|
  2. .Black .[A] Al B. Sure!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Al Green - The Best

今日聞いた1枚
THE BEST   /   AL GREEN
thebestalgreen.jpgVDP-5112 (1986 Victor JAPAN)
1. Tired Of Be Alone / 2. Call Me (Come Back Home) / 3. I'm Still In Love With You / 4. How Can You Mend A Broken Heart / 5. Let's Stay Together / 6. I Can't Get Next To You / 7. You OughtTo Be With Me / 8. Look What You Done For Me / 9. Love And Happiness / 10. Sha-la-la (Make Me Happy) / 11. Take Me To The River / 12. L-O-V-E (Love) / 13. For The Good Times / 14. Keep Me Cryin' / 15. Livin' For You / 16. Full Of Fire / 17. Belle


"Take Me To The River" を聞くと、Smokey の "Going To A Go-Go" が浮かぶ。本当に巧いファルセットは、泥臭いのもしっかりこなせるんだと。なんと今年も、Willie Mitchell と組んで新作を出したとか。(まだ聞いてません。)

Hi Record を代表する Al Green、 黒人音楽を語る上で決してはずせない一人。おそらく日本独自編集のベスト盤。1986年ビクター音楽産業発売。ライナーは萩原健太氏。
  1. 2005/10/05(水) 22:22:42|
  2. .Black .[A] Al Green
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.E. - 女生宿舎

今日聞いた1枚
女生宿舎   /   S.H.E.
女生宿舍   /   S.H.E.

nvshengsushe.jpg1. 恋人未満 / 2. Beauty up my life (華歌爾2001年CF主題曲) / 3. 氷箱 / 4. H.B.O. / 5. Too much (田馥甄/Hebe) / 6. 你还好不好 (任家萱/Selina+陈嘉樺/Ella) / 7. 环替我愛[イ尓] (田馥甄/Hebe) / 8. 他就是他 / 9. 別 (陳嘉樺/Ella) / 10. 忘記把[イ尓]忘記 (任家萱/Selina)
1. 恋人未满 / 2. Beauty up my life (华歌爾2001年CF主题曲) / 3. 冰箱 / 4. H.B.O. / 5. Too much (田馥甄/Hebe) / 6. 你还好不好 (任家萱/Selina+陳嘉樺/Ella) / 7. 替我爱你 (田馥甄/Hebe) / 8. 他就是他 / 9. 别 (陳嘉樺/Ella) / 10. 忘记把你忘记 (任家萱/Selina)


Selina、Hebe、Ellaの3人組台湾アイドルグループ。2001年のデビュー作。裏ジャケの靴下の柄が凄い。いまどきここまでキャピキャピのアイドルかよって冗談のつもりで買ったのだが...

スローな中華味のアレンジでイントロが始まり、いきなり靴下のイメージをぶっ飛ばす低音ボイス。2曲目は怪しげな日本語で韻を踏むし、3曲目の歌詞の斬新さ...以下続く。参りました。全編を通して制作側の勝利です。

台湾音楽界の実力を改めて思い知らされた1枚。
  1. 2005/10/06(木) 21:15:31|
  2. .Asian .[S] S.H.E.
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

蔡 依林(Jolin) - Don't Stop

今日聞いた1枚
Don't Stop   /   蔡 依林(Jolin)
Don't Stop   /   蔡 依林(Jolin)

dontstop.jpg1. Don't Stop / 2. Are You Happy [イ尓] 快楽[ロ馬] / 3. What Kind of Love 什麼様的愛 / 4. You Gotta Know / 5. Eternity 永恒 / 6. Everything s Gonna be Alright [ロ海] / 7. Words of Loneliness 孤単的人総説無所謂 / 8. Floating 飄浮 / 9. Love Song for You 唱這首歌 / 10. Sugar Sugar
1. Don't Stop / 2. Are You Happy 你快乐吗 / 3. What Kind of Love 什么样的爱 / 4. You Gotta Know / 5. Eternity 永恒 / 6. Everything s Gonna be Alright 嗨 / 7. Words of Loneliness 孤单的人总说无所谓 / 8. Floating 飘浮 / 9. Love Song for You 唱这首歌 / 10. Sugar Sugar


台湾のティーンエイジキラー、Jolin こと蔡依林の2000年リリースの2nd。

2000年、東アジアのとあるホテル。TVで CHANNEL[V] という音楽チャネルがあり、ヘヴィロテだったのが、蔡依林の "You Gotta Know" と、孫燕姿の "天黒々"。中華系ポップス侮り難し。さっそく街を彷徨い歩きCDを入手。中国語というか漢詩は韻を踏む。そういう意味では黒人音楽系好きには結構入りやすいのでは。

理屈はさておき、蔡依林、可愛いです。この後不遇の時代を迎えるも、見事復活。頑張っておくれ。
  1. 2005/10/07(金) 21:45:54|
  2. .Asian .[C] 蔡 依林(Jolin Tsai)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔡 健雅 - 陌生人

今日聞いた1枚
陌生人(STRANGER)   /   蔡 健雅(TANYA)
陌生人(STRANGER)   /   蔡 健雅(TANYA)

stranger.jpg1. Intro / 2. Deep 無底洞 / 3. Might Rlindness 夜盲症 / 4. Wonderful 精彩 / 5. Lost Garden 失楽園 / 6. Stranger 陌生人 / 7. Blue Moon 沙灘 / 8. Tell me [イ尓]説 / 9. Stations 下一站 / 10. Piracy 有問題 / 11. Road Of Love 愛情的路 / 12. Forgotten 忘了
1. Intro / 2. Deep 无底洞 / 3. Might Rlindness 夜盲症 / 4. Wonderful 精彩 / 5. Lost Garden 失乐园 / 6. Stranger 陌生人 / 7. Blue Moon 沙滩 / 8. Tell me 你说 / 9. Stations 下一站 / 10. Piracy 有问题 / 11. Road Of Love 爱情的路 / 12. Forgotten 忘了


1975年生まれ、シンガポール出身。2003年発売、北京語5枚目のCD。作詞、作曲、プロデュース、他の歌手への楽曲提供もこなし、役者もやってるそうだ。

質の高い作品に仕上がっている。聞いていて気持ちのいい1枚。言葉といい、音といい、本当に真面目さが伝わってくる。

1曲目の作曲と、数曲のプロデュースをやっている黄韵仁が恋人とか。
  1. 2005/10/08(土) 22:12:22|
  2. .Asian .[C] 蔡 健雅(Tanya Chua)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Southern All Stars - Killer Street

今日聞いた1枚
KILLER STREET   /   SOUTHERN ALL STARS
killerstreet.jpgVICL-62000 (2005 Victor Entertainment JAPAN)
Disc 1
1. からっぽのブルース / 2. セイシェル ~海の聖者~ / 3. 彩 ~Aja~ / 4. JUMP / 5. 夢と魔法の国 / 6. 神の島遥か国 / 7. 涙の海で抱かれたい ~SEAOFLOVE~ / 8. 山はありし日のまま / 9. ロックンロール・スーパーマン ~Rock'n Roll Superman~ / 10. BOHBO No.5 / 11. 殺しの接吻(キッス) ~Kiss Me Good-Bye~ / 12. LONELY WOMAN / 13. キラーストリート / 14. 夢に消えたジュリア / 15. 限りなき永遠(とわ)の愛
Disc 2
1. ごめんよ僕が馬鹿だった / 2. 八月の詩(セレナード) / 3. DOLL / 4. 別離(わかれ) / 5. 愛と欲望の日々 / 6. Mr.ブラック・ジャック ~裸の王様~ / 7. 君こそスターだ / 8. リボンの騎士 / 9. 愛と死の輪舞(ロンド) / 10. 恋人は南風 / 11. 恋するレスポール / 12. 雨上がりにもう一度キスをして / 13. The Track for the Japanese Typical Foods called "Karaage" & "Soba" ~ キラーストリート(Reprise) / 14. FRIENDS / 15. ひき潮 ~Ebb Tide~


頑張れば歌の世界でも一生稼ぎまくれる事を示してくれる数少ない人達なんだから、どうのこうの言わずに買って聞きましょう。こういう先達がいなきゃ、命かける若者が続かないでしょう。

今まで充分頑張ってきたんだから、さらに斬新な事求めるのは酷。今までの貯金の使い減らしだって、そこいらのバンドよりはるかに上なんだから。未だにシングルチャートにちょくちょく顔出すだけでも本当にスゴいことでしょう。

ただ、パクリの元ネタをライナーでバラしてるようで、実はモロなとこは黙ってるのがご愛嬌。
  1. 2005/10/09(日) 21:45:16|
  2. .Japanese .[S] Southern All Stars
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Moonglows - Look! it's The Moonglows

今日聞いた1枚
LOOK! it's THE MOONGLOWS   /   THE MOONGLOWS
lookmoonglows.jpgCHD-31267 (1988 MCA USA)
1. Love Is a River / 2. Blue Velvet / 3. This Is Love / 4. When I'm With You / 5. I'll Stop Wanting You / 6. Don't Say Goodbye / 7. Ten Commandments of Love / 8. Kiss Me Baby / 9. Penny Arcade Paul / 10. Mean Old Blues / 11. Sweeter Than Words / 12. Cold Feet


1950年代を代表するコーラスグループ。CDのライナーによると、これのオリジナルの Chess LP 1430は、1958年発売となっている。1956年初め、1956/12/、1957/12、1958年後半の4つのセッションからの曲。

Bobby Lester と Harvey Fuqua の2枚看板で成功したものの、Fuqua がプロデューサー、ソングライターとしても頭角をあらわすに連れ、Lester が外れることになる。1957/12録音の "Ten Commandments of Love" では、Harvey & the Moonglows とクレジットされている。

なんと言ってもジャケットが決まっている。隅田川で真似して写真とったが、対岸の景色が決まらなかった。やっぱりシカゴか。
  1. 2005/10/10(月) 20:17:24|
  2. .Black .[M] Moonglows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Billy Stewart - One More Time

今日聞いた1枚
ONE MORE TIME   /   BILLY STEWART
onemoretime.jpgCHD-6027 (1988 MCA USA)
1. Billy's Blues, Part Two / 2. Fat Boy / 3. Reap What You Sow / 4. Sugar and Spice / 5. Strange Feeling / 6. Count Me Out / 7. I Do Love You / 8. Keep Lovin' / 9. Sitting in the Park / 10. Love Me / 11. Summertime / 12. How Nice It Is / 13. Because I Love You / 14. Every Day I Have the Blues / 15. Secret Love / 16. Cross My Heart / 17. One More Time / 18. Golly Golly Gee / 19. Tell Me the Truth / 20. I'm in Love (Oh, Yes I Am)


愛嬌のあり過ぎの顔に負けて思わず買った1枚。1956~1969年の作品を集めて、1988年に発売されたCD。昨日の Moonglows と同じで、ジャケ右上に "THE Original CHESS MASTERS" のマーク。

RHINO あたりのオムニ盤で、"Summer Time" 1曲しか知らなかったので、「際物」「一発屋」と思っていた。が、実に巧い歌い手であることを認識。バラードで見せる不思議な透明感、清涼感も独特の味を出している。

太り過ぎで糖尿病が悪化。1970年わずか33歳で交通事故で他界。
  1. 2005/10/11(火) 22:26:05|
  2. .Black .[B] Billy Stewart
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Beau Williams - Stay With Me

今日聞いた1枚
STAY WITH ME   /   Beau Williams
staywithme.jpgVSCD-508 (1992 Toshiba EMI JAPAN)
1. SOS / 2. When My Love Starts Coming Down On Me / 3. Love And Happiness / 4. I'll Take Love With You / 5. You're Front Page News / 6. You've Been / 7. Stay With Me / 8. Elvina


1983年発売。ライナーで鈴木啓志氏が絶賛してらっしゃるのですが、私の琴線には触れないんですよこれが。

声のトーンが、ちょうど中途半端なゾーンのような気がします。シャウトしても、バラードしても、これぞゴスペル出身というあの独特なディープさが(私には)感じられない。Al Green の3曲目などはバックコーラスやブラスで辛うじて体裁を保っているような。

上手かもしれませんが、巧くはない。演歌で言うなら、デビューしたての頃の森昌子。
  1. 2005/10/12(水) 21:15:18|
  2. .Black .[B] Beau Williams
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

James Taylor - JT

今日聞いた1枚
JT   /   JAMES TAYLOR
JT.jpgCK34811 (1990 CBS USA)
1. Your Smiling Face / 2. There We Are / 3. Honey Don't Leave L.A. / 4. Another Grey Morning / 5. Bartender's Blues / 6. Secret O' Life / 7. Handy Man / 8. I Was Only Telling A Lie / 9. Looking For Love On Broadway / 10. Terra Nova / 11. Traffic Jam / 12. If I Keep My Heart Out Of Sight


1977年発売。Peter Asher プロデュース、バックミュージシャンもいつもの顔なじみメンバーではあるが、CBS移籍第1弾ということで、気合充分。

"Your Smiling Face" から "If I Keep My Heart Out Of Sight" まで、まるで1冊の小説。最後の1句が効いている。

収録のうち、多くの曲を映画やドラマで耳にしているので、アメリカでもかなりウケた1枚と思われる。この後は髪の毛がなくなっていくので、悲しいかな説得力も無くなっていく。(ゴメンなさい!)
  1. 2005/10/13(木) 23:45:18|
  2. .Rock .[J] James Taylor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Carly Simon - Playing Possum

今日聞いた1枚
playing possum   /   carly simon
playingpossum.jpg1033-2 (1990? Elektra USA)
1. After the Storm / 2. Love Out in the Street / 3. Look Me in the Eyes / 4. More and More / 5. Slave / 6. Attitude Dancing / 7. Sons of Summer / 8. Waterfall / 9. Are You Ticklish / 10. Playing Possum


1975年の通算5枚目。公(?)私共に充実期にリリースされた好盤。James Taylor とのほとんどデュエットに近い曲など聴いていると、まさしく素敵な二人なのだが。

口の大きい女性はあまり好みではないが、このジャケ写には参った。その数年前には "No Secrets"(正確には "You're So Vain" の日本版シングル)のジャケ写のノーブラに、お子ちゃま達は大騒ぎだった。完璧に狙いにハマってたとしか思えない。

BGMとして結構聴いていたので、どうしてもA面が終わった所で、ひっくり返しに行きそうになるのがご愛嬌。
  1. 2005/10/14(金) 22:54:21|
  2. .Rock .[C] Carly Simon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cat Stevens - Tea For The Tillerman

今日聞いた1枚
Tea for the Tillerman   /   CAT STEVENS
teaforthetillerman.jpgDIDX 583 CD-4280 (? A&M USA)
1. Where Do The Children Play? / 2. Hard Headed Woman / 3. Wild World / 4. Sad Lisa / 5. Miles From Nowhere / 6. But I Might Die Tonight / 7. Longer Boats / 8. Into White / 9. On The Road To Find Out / 10. Father And Son / 11. Tea For The Tillerman


1948年ロンドンで生まれる。スウェーデン人の母とギリシャ人の父、名は Steven Demetre Georgiou。なるほどあの顔立ちはそういう血筋でしたか。

「語るフォーク系」は得意ではなかったので聴くことはなかった。70年代前半は日本でもかなり人気があり、NHKで放送されたスタジオライブを見て、1枚くらいは買っとくかということで買ったのがこの作品。後のアーティストに多くの影響を与えた名作。青二才だが純粋だった頃がほろ苦くよみがえる。

当時も今も、これを聴くと、何かキリスト教的なものを感じる。"Longer Boats"などは英国版ゴスペル、Housemartins あたりへと繋がるひとつの流れ。

宗教的なところに答えを求め、行き着いた先がイスラム教徒 Yusuf Islam だったのか。それによって、数々の騒動に巻き込まれていくのだが、「それ(宗教)はそれ」、「これ(音楽)はこれ」と思うのは、無神論者だからなのだろうか。オリジナルは1970年リリース。
  1. 2005/10/15(土) 23:55:55|
  2. .Rock .[C] Cat Stevens
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Christians - The Christians

今日聞いた1枚
THE CHRISTIANS   /   THE CHRISTIANS
christians.jpgPSCD1007 (1990 POLYSTAR JAPAN)
1. Forgotten Town / 2. When The Fingers Point / 3. Born Again / 4. Ideal World / 5. Save A Soul In Every Town / 6....And That's Why / 7. Hooverville / 8. One In A Million / 9. Sad Songs / 10. Forgotten Town (12" Dub Version) / 11. When The Fingers Point ( 12" Remix) / 12. Why Waltz


1987年ISLAND作品。リバプール出身。Garry、Russell、Roger の Christian(姓)3兄弟だったが、デビュー寸前に Roger がソロになり、このジャケでは、残りの2人と白人の Henry Priestman の3人組となっている。

当時、よほどの話題だったのか? わざわざ日本盤で購入しているのだが、なぜ輸入盤を探さなかったのか、理由が思い出せない。

年代的には、すでにブルーアイドソウル全盛期のデビュー。ある程度の水準は確保してはいるが、すでに目新しさはなかったろうし、特別抜きん出ているものは感じられない。
  1. 2005/10/16(日) 22:06:49|
  2. .Rock .[C] Christians
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Creedence Clearwater Revival - Willy And The Poor Boys

今日聞いた1枚
WILLY AND THE POOR BOYS   /   CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL
willythepoorboys.jpgVDP-5038 (1986 VICTOR MUSICAL INDUSTRIES JAPAN)
1. Down On The Corner / 2. It Came Out Of The Sky / 3. Cotton Fields / 4. Poorboy Shuffle / 5. Feelin' Blue / 6. Fortunate Son / 7. Don't Look Now / 8. The Midnight Special / 9. Side O' The Road / 10. Effigy


1969年、C.C.R.全盛期の作品。ロック史上に燦然と輝く名作。LPのA、B面を駆使した(大袈裟か?)トータルアルバム。CDでぶっ通しで聞いては価値半減か?

個人的には "Fortunate Son" の John Fogerty は、"Monkey Man" の Mick Jagger と双璧を成す絶唱。まさに「音が楽しい」という雰囲気のジャケ写も最高。
  1. 2005/10/17(月) 23:57:27|
  2. .Rock .[C] Creedence Clearwater Revival
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mel & Tim - Starting All Over Again

今日聞いた1枚
STARTING ALL OVER AGAIN   /   MEL & TIM
startingallover.jpgSCD-8574-2 (1992 Stax USA)
1. Don't Mess With My Money, My Honey or My Woman / 2. Starting All over Again / 3. I May Not Be What You Want / 4. Carry Me / 5. Free for All / 6. Heaven Knows / 7. Wrap It Up / 8. What's Your Name? / 9. I'm Your Puppet / 10. Too Much Wheelin' and Dealin' / 11. Forever in a Day [*] / 12. It's Those Little Things That Count [*] / 13. The Same Folk [*] / 14. Yes We Can Can [*]


72年の "Starting All Over Again" 全10曲に、73年の "Mel & Tim" から4曲をボーナストラックとして加えたCD。92年発売。

Stax なのでサザンソウルとずっと思い込んでたが、ミシシッピ、セントルイス経由のシカゴデビューだそうだ。 Mel Hardin と Tim McPherson の従兄弟デュオ。じっくり聞いてみると、結構ハマる。

フィリーサウンドのスウィートさ、サザンソウルのタイトなリズム、シカゴのハーモニーがブレンドされた1枚とか。言われてみれば、そうか...も...
  1. 2005/10/18(火) 22:44:49|
  2. .Black .[M] Mel & Tim
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cameo - Alligator Woman

今日聞いた1枚
Alligator Woman   /   Cameo
alligatorwoman.jpgPHCR-6083 (1982? Polygram JAPAN)
1. Be Yourself / 2. Soul Army / 3. Flirt / 4. Enjoy Your Life / 5. Alligator Woman / 6. Secrets of Time / 7. I Owe It All to You Blackmon / 8. For You


82年作品。ファンクバンドはちょっと遠慮させていただいてたので、なぜこの1枚を買ったのか不明。輸入盤でよっぽど安売りしてたのかと思ってよく見たら何と日本盤! ¥2,100なり。82年だからまだCDの時代じゃないし、いつ頃購入したのだろう?

80年代後半に Roger のMTVでの大活躍で、ファンクバンドへの食わず嫌いの先入観は消えていたんだが、これは今回初めて聞くに等しい。結構ええんでないの。Blackmon は、Juilliard 出なんですか。なるほど。
  1. 2005/10/19(水) 22:03:29|
  2. .Black .[C] Cameo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brenton Wood - The Best Of Brenton Wood

今日聞いた1枚
THE BEST OF BRENTON WOOD   /   BRENTON WOOD
brentonwood.jpgCECC-00455 (1992 CENTURY RECORDS JAPAN)
1. Gimme Little Sign / 2. Oogum Boogum / 3. Baby You Got It / 4. I Think You've Got Your Fools Mixed up / 5. Great Big Bundle of Love / 6. I'm the One Who Knows / 7. Lovey Dovey Kind of Love / 8. Can You Dig It / 9. Whoop It on Me / 10. Take a Chance / 11. Catch You on the Rebound / 12. Me and You / 13. I Like the Way You Love Me / 14. Darlin' / 15. Where Were You / 16. Two Time Loser / 17. Sad Little Songs / 18. Good Night Baby


92年8月21日発売の日本盤。あちゃらの同年6月5発売 "Brenton Wood's 18 Best" と同じモノと思われる。オリジナルは60年代(と思われる)。

ルイジアナ生まれ。子供の頃にカリフォルニアのサンペドロへ移る。声はいいし、巧いのだが、曲によっては全くのポップスになってるのが惜しい。

50年代後半のように白人市場に媚びる必要はなかったはずなので、ポップスよりなのは、この人のもともとのスタンスだったのであろう。
  1. 2005/10/20(木) 23:20:39|
  2. .Black .[B] Brenton Wood
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Michel Polnareff - Michel Polnareff Best

今日聞いた1枚
michel polnareff   /   michel polnareff
michelpolnareff.jpgUICY1246 (2004 UM3/USM JAPAN)
1. シェリーに口づけ / 2. 愛の願い / 3. 愛の休日 / 4. バラ色の心 / 5. 君との愛がすべて / 6. ノン・ノン人形 / 7. ステキなランデブー / 8. 天国への道 / 9. ラース家の舞踏会 / 10. 悲しきマリー / 11. ロミオとジュリエットのように / 12. ギリシャにいるジョルジナへ / 13. リンガディン / 14. 愛のコレクション / 15. 渚の想い出 / 16. 想い出のシンフォニー / 17. 哀しみの終わるとき / 18. 愛の物語 / 19. 僕はアイスクリームの中から生まれた / 20. つけぼくろ / 21. 今夜の列車 / 22. 哀しみのエトランゼ / 23. 忘れじのグローリア


30ウン年前なら、この人を Rock の分類に入れたら怒りまくってたでしょうが。カテゴリ増やすのも面倒くさいのでご勘弁。60年代後半から70年代前半のヒット曲を中心にした日本編集盤。

今日、しばらく振りにとっとと会社を出て駅ビルのCD屋入ったら、目に飛び込んできましたコレが。バカ売れの当時、聞く気がなくても聞き覚えてしまった数々のヒット曲。はじめて買ってみました。頭のてっぺんから声出してたような記憶があったのですが、そこまでではなかったか。

何の想い入れもなかった自分でさえ懐かしいのだから、ファンだった人にはたまらん「ひととき」だろう。
  1. 2005/10/21(金) 21:44:28|
  2. .Rock .[M] Michel Polnareff
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓 雪 - 飄雪

今日聞いた1枚
飄雪(Falling Snow)   /   韓 雪(Cecilia)
飘雪(Falling Snow)   /   韩 雪(Cecilia)

piaoxue.jpg1. 飄雪 / 2. 藍色雪花 / 3. 想起 / 4. 愛上我很簡単 / 5. 就是[イ尓] / 6. 愛的水晶鞋 / 7. 夏末的回憶 / 8. Fashion秀 / 9. 是那夜的風 / 10. 着迷
1. 飘雪 / 2. 蓝色雪花 / 3. 想起 / 4. 爱上我很简单 / 5. 就是你 / 6. 爱的水晶鞋 / 7. 夏末的回忆 / 8. Fashion秀 / 9. 是那夜的风 / 10. 着迷


1983年生まれ。本業は女優か? 2004年発売の1枚目。歌はソツなく、澄んだ高音が心地よい。

タイトル曲 "飄雪" は中島美嘉の "雪の華"のカバー。全体を通して制作サイドの能力と意気込みを感じさせる。上海SonyMusicなのだが、CBSソニーの影響大? とうとう大陸系もここ辺まで来たか。(リリースからすでに1年経ってます...)
  1. 2005/10/22(土) 23:55:55|
  2. .Asian .[H] 韓 雪(Cecilia)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aerosmith - Gems

今日聞いた1枚
GEMS   /   AEROSMITH
gems.jpgCK44487 (1988 CBS USA)
1. Rats In The Cellar / 2. Lick And A Promise / 3. Chip Away The Stone / 4. No Surprize / 5. Mama Kin / 6. Adam's Apple / 7. Nobody's Fault / 8. Round And Round / 9. Critical Mass / 10. Lord Of The Thighs / 11. Jailbait / 12. Train Kept A Rolin'


昔(いつ頃かは忘れた)安売りしてたんで、1枚くらい持っとくかということで買ってきたベスト盤。けど聞き覚えのある曲がひとつもない。「これだけキャリアあるのに、誰でも知ってるようなヒット曲ないんかい?」(ファンの方、ゴメンナサイ。)と思ったのを記憶している。

「CDジャーナル」データベースより
88年発表のベスト・アルバム第2弾。『グレイテスト・ヒッツ』には収録されなかった曲や発売当時はアルバム未収録だった曲をセレクト。エアロのハードなロックンロール的側面が堪能できる。


そうだったんですか。失礼しました。いつの日か、第1弾の方も買わせていただきます。でも、これはこれでそこそこ気に入ってしまいました。
  1. 2005/10/23(日) 21:00:22|
  2. .Rock .[A] Aerosmith
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alexander O'Neal - Alexander O'Neal

今日聞いた1枚
ALEXANDER O'NEAL   /   ALEXANDER O'NEAL
alexanderoneal.jpg32DP 884 (1987? CBS SONY JAPAN)
1. Broken Heart Can Mend / 2. If You Were Here Tonight / 3. Do You Wanna Like I Do / 4. Look at Us Now / 5. Medley: Innocent - Alex 900 - Innocent II / 6. What's Missing / 7. You Were Meant to Be My Lady (Not My Girl)


Jam/Lewis プロデュースによる85年のデビュー作。このあたりの方々の世間一般の評価がどうも理解できない。

これで「歌がうまい!」と言われても、おもわず唸ってしまう。この時期のバカ売れNo.1は Freddie Jackson だから、まあこの程度でも「うまい」と言えばそうなのかもしれない。でも、明らかに Glen Jones とはレベルが違うでしょう。

という事で、個人的な評価は、鼻歌バラディアーの中ではましな方とさせていただきます。
  1. 2005/10/24(月) 23:29:39|
  2. .Black .[A] Alexander O'Neal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Al Kooper - I Stand Alone

今日聞いた1枚
I Stand Alone   /   Al Kooper
istandalone.jpgSRCS 6196 (1992 SONY JAPAN)
1. Overture / 2. I Stand Alone / 3. Camille / 4. One / 5. Coloured Rain / 6. Soft Landing on the Moon / 7. I Can Love a Woman / 8. Blue Moon of Kentucky / 9. Toe Hold / 10. Right Now for You / 11. Hey, Western Union Man / 12. Song and Dance for the Unborn, Frightened Child


1968年のソロ1枚目。「奇才」とか「実験的」とか、この手のモノはなんだかね。6曲目なんか勘弁してくれと思うのは私だけなんでしょうか? 裏面ではニワトリにまで鳴かれるしね。

彼の実績は凄い。だが、この作品に対する一部の方々の評価はあまりにも過大。ただ、タイトルとジャケットのセンスは抜群。
  1. 2005/10/25(火) 23:55:55|
  2. .Rock .[A] Al Kooper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Al Kooper - Naked Songs

今日聞いた1枚
Naked Songs   /   Al Kooper
nakedsongs.jpgSRCS 6201 (1992 SONY JAPAN)
1. (Be Yourself) Be Real / 2. As the Years Go Passing By / 3. Jolie / 4. Blind Baby / 5. Been and Gone / 6. Sam Stone / 7. Peacock Lady / 8. Touch the Hem of His Garment / 9. Where Were You When I Needed You / 10. Unrequited


73年発売。こう来なくっちゃ、もとい、こう来られたら脱帽するしかありません。才能溢れる人なんだから小手先じゃなくて、湧き出してくるのものに身を任せれば、後はちょこっと味付けしただけでこうなるでしょう。

全編に歌心満ちた名盤。下手な歌、ゴメンナサイ、決して巧くない歌も、「へたうま」になって聴き応え充分。これもタイトルとジャケットが決まり過ぎ。
  1. 2005/10/26(水) 23:24:11|
  2. .Rock .[A] Al Kooper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kiss - Greatest Kiss

今日聞いた1枚
GREATEST KISS   /   KISS
greatestkiss.jpg534 299-2 (1996 Mercury USA?)
1. Detroit Rock City / 2. Black Diamond / 3. Hard Luck Woman / 4. Sure Know Something / 5. Love Gun / 6. Deuce / 7. Goin' Blind / 8. Shock Me / 9. Do You Love Me / 10. She / 11. I Was Made For Loving You / 12. Shout It Out Loud / 13. God Of Thunder / 14. Calling Dr. Love / 15. Beth / 16. Strutter / 17. Rock And Roll All Nite / 18. Cold Gin / 19. Plaster Caster / 20. God Gave Rock N' Roll To You


演ってる音はまともだと重々わかってはいても、見た目で引いてしまってました。96(97?)年発売のベスト物。同名で曲順が異なる盤があるような?

血筋的には、Alice Cooper と New York Dolls の血統。言われればなるほど。ヴォーカルはそんなにがなりまくってないんだ。

このグループの歴史をつらつらと見ると、かなりのバンドだったんだなとわかるが、残念ながら私とは縁がなかったんですな。
  1. 2005/10/27(木) 22:54:23|
  2. .Rock .[K] Kiss
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

張 惠妹 - 旅程

今日聞いた1枚
旅程   /   張 惠妹(A-mei 阿妹)
旅程   /   张 惠妹(A-mei 阿妹)

lvcheng.jpgDisc 1
1. 旅程 / 2. 驕傲 / 3. 心誠則霊 / 4. 愛已蔓延 / 5. 譲[イ尓]飛 / 6. 雪地 / 7. 家路 / 8. 倒数三秒 / 9. 愛或不愛 / 10. [イ尓]的顔色
Disc 2
1. Come Together / 2. Addicated To Love / 3. Blue Bayou / 4. Bizarre Love Triangle / 5. Now And Forever / 6. Big Spender
Disc 1
1. 旅程 / 2. 骄傲 / 3. 心诚则灵 / 4. 爱己蔓延 / 5. 让你飞 / 6. 雪地 / 7. 家路 / 8. 倒数三秒 / 9. 爱或不爱 / 10. 你的颜色
Disc 2
1. Come Together / 2. Addicated To Love / 3. Blue Bayou / 4. Bizarre Love Triangle / 5. Now And Forever / 6. Big Spender


1972年生まれ。台湾の原住民族プユマ族だそうだ。発売の経緯からは考えられないような質の高い出来の1枚。2001年物。

"Addicated to Love"を聞いた時ぶっ飛び、大袈裟か、ちょい飛びました。これだけ、シャウトというかジャンプナンバーこなせる女性ボーカリストはそうそうはいない。知念里奈がカブる気がするのは私だけでしょうか。
  1. 2005/10/28(金) 23:25:31|
  2. .Asian .[Z] 張 惠妹(阿妹A-mei)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hooters - One Way Home

今日聞いた1枚
ONE WAY HOME   /   HOOTERS
onewayhome.jpgCK 40659 (1987 CBS USA)
1. Satellite / 2. Karla With a K / 3. Johnny B. / 4. Graveyard Waltz / 5. Fightin' on the Same Side / 6. One Way Home / 7. Washington's Day / 8. Hard Rockin' Summer / 9. Engine 999


フィラデルフィア出身。Cyndi Lauper のデビューアルバムのバックバンドとして名を成した感があるが、この辺の経緯は、http://thehooters.net/ をどうぞ。(グループ名には "THE" がついたんでしょうか?)

1987年の3rdアルバム。The Band を若々しく荒々しくして、更に南のジャマイカあたりまで遠征したというところ。ジャケ写と音が最高にハマっている。
  1. 2005/10/29(土) 20:34:23|
  2. .Rock .[H] Hooters
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hooters - Nervous Night

今日聞いた1枚
nervous night   /   HOOTERS
nervousnight.jpgCK 39912 (1985 CBS USA)
1. And We Danced / 2. Day By Day / 3. All You Zombies / 4. Don't Take My Car Out Tonight / 5. Nervous Night / 6. Hanging On A Heartbeat / 7. Where Do The Children Go / 8. South Ferry Road / 9. She Comes In Colors / 10. Blood From A Stone


1985年発売の2枚目。昨日の3枚目はけっこう聴いた覚えがあったが、これは「えっ、これ持ってたんだ。」てなもので、まったく記憶なし。

改めて聴くと、さすがという感じ。ひとヒネリがあれば、ヒットチャート常連の大物バンドになれたんだろう。(そのひとヒネリがわかれば誰も苦労しないが...) 例えば、この線でもう2、3枚と数回のツアーこなしてから、"One Way Home"というシナリオはどう(だった)でしょう。

この世界、実力だけじゃないころが難しいところ。
  1. 2005/10/30(日) 20:02:37|
  2. .Rock .[H] Hooters
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

庵珠功

サマータイム・ブルース

さようなら原発1000万人アクション

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プチ月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

miniTube

[A+] ブログパーツ公開中

Amazonおまかせリンク

タグクラウドV1.2a

Paul Young(#1)Philippe Wynne(#1)Black Satin(#1)Moments(#3)Jackie Wilson(#14)Valentinos(#1)Honeyz(#1)Willie Clayton(#2)Eric Clapton(#1)Spencer Wiggins(#1)John Legend(#2)Tevin Campbell(#4)City(#1)Boston(#1)U2(#13)Stevie Ray Vaughan And Double&(#1)Roy Brown(#1)Culture Club(#1)Motorhead(#1)Kool And The Gang(#1)Billy Preston(#2)Foreigner(#2)Terry Huff and Special Deliver(#1)Deitrick Haddon And Unity Prai(#1)Ace Spectrum(#1)The Band(#15)Phil Manzanera(#1)Strictly Commercial(#1)Nirvana(#1)Electric Light Orchestra(#2)Tom Waits(#6)Nick Heyward(#1)Suicide(#1)Mr. Fiddler(#1)Grateful Dead(#4)Terence Trent D'Arby(#2)Ramones(#2)Bar-Kays(#1)稲垣 潤一(#1)Vanilla Fudge(#1)Coasters(#1)Ten City(#1)Los Lobos(#4)Ronnie Wood(#5)Rude Boys(#2)Cat Stevens(#2)Geoff McBride(#1)Gram Parsons(#1)Keith Martin(#1)Nico(#1)Television(#2)James Carr(#1)David Lindley(#1)Chairmen Of The Board(#1)Al B. Sure!(#1)Fugees(#1)Wilson Pickett(#1)Sherrick(#1)Hatfield And The North(#1)Men At Work(#1)Dominoes(#1)Laura Nyro(#7)Alyson Williams(#2)Olympics(#1)Crosby, Stills & Nash(#1)Chicago(#11)Strokes(#3)Lone Justice(#1)蔡 依林(#1)Keith Sweat(#7)Betty Wright(#1)Jefferson Starship(#10)OG's(#1)Airplay(#1)Sex Pistols(#1)Pavement(#3)O'Bryan(#1)Wayne Kramer(#1)Simon And Garfunkel(#2)Duane Allman(#1)Faces(#3)Originals(#2)Joe(#1)Garnet Mimms(#1)Crosby, Stills, Nash & Young(#2)Ron Sexsmith(#1)Robert Randolph And The Family(#2)井上 陽水(#1)Smithereens(#2)Dimples(#1)Ohio Express(#1)Linda Ronstadt(#2)Sam Cooke(#3)Tracy Chapman(#1)Crowded House(#2)INXS(#1)Gastr del Sol(#1)Mick Taylor(#1)Montclairs(#1)Pop Group(#1)J. J. Cale(#1)蔡 健雅(#1)Pogues(#1)Time(#2)あがた 森魚(#1)Patti Smith(#2)Billy Stewart(#1)Pixies(#1)Minus 5(#1)John Lennon/Plastic Ono Band(#1)Modulations(#1)State Of Art(#1)Prefab Sprout(#6)Quad City DJ's(#1)Monochrome Set(#3)泉谷 しげる(#13)Loggins And Messina(#2)Randy Newman(#8)Neil Young(#13)Human Body(#1)Spinners(#3)Style Council(#7)Simple Minds(#1)Edie Brickell & New Bohemians(#1)Roberta Flack(#2)Delaney And Bonnie(#2)安全地帯(#2)Def Leppard(#2)Jean Corti(#1)Trampolines(#2)Esther Phillips(#5)Jam(#3)Jimi Hendrix(#5)Intro(#1)Smiths(#4)Jackson Browne(#7)Curtis Mayfield(#3)Manassas(#1)Otis Redding(#8)100 Proof Aged In Soul(#1)Allman Brothers Band(#3)Glenn Jones(#5)Three Walls Down(#1)En Vogue(#1)King Crimson(#8)Marvin Gaye(#11)Allen Toussaint(#1)Stooges(#3)Leon Rosselson(#1)張 惠妹(#1)Solomon Burke(#1)Sting(#2)Tracey Thorn(#1)Thompson Twins(#1)Smokey Robinson(#2)Blue Magic(#1)No Doubt(#5)Sonic Youth(#3)Bruce Hornsby & The Range(#1)Big Brother & The Holding (#1)Kansas(#1)Johnny Kemp(#1)Jonathan Butler(#1)Otis Clay(#1)Teddy Pendergrass(#2)Clarence Carter(#1)Change(#1)Persuaders(#1)Rod Stewart(#10)Lattimore Brown(#1)Syl Johnson(#5)Whatnauts(#2)Rickie Lee Jones(#1)Craig David(#2)Eddie Money(#1)Housemartins(#4)Beatles(#3)Manhattans(#1)Ronettes(#1)Haircut 100(#1)Joe Public(#1)Billy Ocean(#1)Mary Wells(#1)Flamingos(#1)Chi-Lites(#1)Starship(#2)Eggstone(#1)Billy Joel(#1)Steve Stills(#1)Aaron Neville(#3)Squeeze(#1)Graham Central Station(#2)Rahsaan Patterson(#1)Cream(#3)Bob Dylan(#34)R.E.M.(#6)Craig Chaquico(#2)Soul Generation(#1)吉岡秀隆(#1)Slits(#1)Blood, Sweat & Tears(#1)Platters(#1)Ry Cooder(#12)Eddie Floyd(#1)Keith Washington(#1)Neville Brothers(#2)Depeche Mode(#1)Boys(#3)Derek & The Dominos(#2)Yeahs(#1)Undisputed Truth(#1)Marvin Gaye And Tammi Terrell&(#1)PJ(#2)Alice Cooper(#2)Spaniels(#1)Tease(#1)Peter Gabriel(#1)Joy Division(#1)Eric Benet(#2)LSG(#1)Jo Mama(#1)Lorenzo Smith(#2)Helmet(#1)Gloria Estefan(#1)Ready For The World(#1)Chuckii Booker(#2)Kate Taylor(#2)Chieftains(#1)Them(#1)Jon Secada(#1)Garry Glen(#1)Robbie Robertson(#2)Drifters(#2)Donny Hathaway(#5)Stephen Stills(#4)Stevie Ray Vaughan(#1)Emerson, Lake And Palmer(#5)Parliament(#3)Stacy Lattisaw(#1)Nick Drake(#3)Kipper Jones(#1)Aretha Franklin(#11)Jackson 5(#1)Alex Taylor(#1)Will Downing(#1)Zombies(#2)James Robinson(#1)After Dinner(#1)IV Example(#1)Babyface(#2)John David Souther(#2)Eric Gable(#2)Blind Faith(#1)林 曉培(#1)Percy Sledge(#1)Alexander O'Neal(#3)Cameo(#2)Tammi Terrell(#1)Diana Ross(#1)Leonard Cohen(#1)Harry Nilsson(#7)Ray Charles(#2)Cranberries(#1)Mott The Hoople(#1)Ink Spots(#2)Marvelettes(#1)Buffalo Springfield(#3)Primal Scream(#4)1910 Fruitgum Company(#1)Process And The Doo Rags(#1)Joni Mitchell(#1)Blondie(#2)Fleetwood Mac(#4)Whispers(#4)Godley And Creme(#1)Guy(#1)Kashif(#1)Commodores(#3)Karla Bonoff(#1)Eurythmics(#1)Dire Straits(#2)Nine Inch Nails(#2)Dishwalla(#1)Public Image Ltd.(#3)Specials(#1)Grand Funk Railroad(#4)Hollowbodies(#1)Jimmy Castor Bunch(#1)J. Geils Band(#3)Mavis Staples(#5)Creedence Clearwater Revival(#11)O. V. Wright(#5)Almighty(#1)S.H.E.(#2)Linda Lewis(#1)Verve(#2)Jesse 'Ed' Davis(#3)Peter Frampton(#1)Orleans(#2)Mike Davis(#1)Toto(#2)Green Day(#3)Michel Polnareff(#1)Yeah(#1)Scritti Politti(#1)Ben Watt(#1)ZZ Top(#1)Johnnie Taylor(#3)KBC Band(#1)Chris Rea(#1)Ambitious Lovers(#1)Keni Burke(#1)Donald Fagen(#3)Beastie Boys(#1)Paul Simon(#4)忌野 清志郎(#8)Stone Roses(#1)Butterfield Blues Band(#1)Beau Williams(#1)New Order(#1)David Sea(#1)Windy City(#1)Solid Solution(#1)Roberta Flack and Donny Hathaw(#1)Cheap Trick(#2)William DeVaughn(#1)Little Anthony And The Imperia(#1)Moody Blues(#1)El DeBarge(#1)Aztec Camera(#1)Big Star(#1)John Mayall And The Blues (#1)Relative Ash(#1)Carole King(#1)KC And The Sunshine Band(#1)Zan(#1)Byrds(#5)Blow Monkeys(#4)Charm(#1)Nation Funktasia(#1)Village Green(#1)Jefferson Airplane(#11)Beach Boys(#1)Police(#5)Elvis Costello(#2)Kinks(#28)Cecilio And Kapono(#1)Roxy Music(#6)Delfonics(#1)Poco(#2)Peaches And Herb(#1)Oran Juice Jones(#1)Alanis Morissette(#2)RC Succession(#6)America(#1)Van Halen(#2)Santana(#3)Matthew Sweet(#2)Jeff Beck Group(#2)Cars(#1)Aerosmith(#2)Soft Machine(#1)Martha Reeves And The Vandella(#2)Robbie Mychals(#1)Wilson Pickett(#1)Bobby Brown(#2)Steve Miller Band(#3)Beautiful South(#8)Chic(#1)Richard And Linda Thompson(#1)Squirrel Nut Zippers(#1)今井 美樹(#6)Howard Jones(#2)Led Zeppelin(#7)Dead Or Alive(#1)Johnny Gill(#8)Ini Kamoze(#1)Deep Purple(#3)Billie Davis(#1)Heather Small(#1)Millennium(#1)Franz Ferdinand(#2)猿岩石(#1)New York Dolls(#1)Belly(#1)Mary J. Blige(#1)Xscape(#2)Far(#1)Portishead(#2)Brook Benton(#1)Diana And Marvin(#1)Bebe And Cece Winans(#1)Keziah Jones(#1)John Cougar Mellencamp(#2)Papa John Creach(#2)Peter Wolf(#1)Human League(#2)Kiss(#1)Forest For The Trees(#1)Velvet Underground(#4)Humble Pie(#1)Wham!(#1)Bruce Springsteen(#7)Clash(#3)Beck(#6)George Clinton(#2)Gilbert O'Sullivan(#1)Terry Ellis(#1)Devo(#1)Sisqó(#1)Paul Weller(#1)Beck, Bogert And Appice(#2)Rhythm Machine(#1)Livingston Taylor(#8)Mr. T Experience(#2)10cc(#2)Moonglows(#1)Elton John(#3)Hooters(#2)Jodeci(#2)Quicksilver Messenger Service(#7)Chalk FarM(#1)Stevie Nicks(#1)Ebonys(#1)Pineforest Crunch(#3)Procol Harum(#1)LeVert(#4)James Brown(#20)Joe Tex(#1)Mel & Tim(#1)Black Ivory(#1)相川 七瀬(#1)Echo & The Bunnymen(#1)Rufus featuring Chaka Khan(#1)Saint Etienne(#1)James 'D-Train' Williams(#1)Stepz(#1)Dells(#5)Tortoise(#1)Bad Company(#1)Metric(#3)Anthony White(#1)Holly Palmer(#1)Steely Dan(#2)Pearl Jam(#4)Anita Baker(#2)Paul McCartney(#2)Todd Rundgren(#3)Luther Ingram(#2)Manhattan Transfer(#1)Atlanta Rhythm Section(#2)Kraftwerk(#5)John Wesley Harding(#1)Hives(#2)Folk Implosion(#1)The Dells vs. The Dramatics(#1)Victoria Wilson-James(#1)New RidersOf The Purple Sage(#1)Garland Jeffreys(#1)Boz Scaggs(#2)Hungry Chuck(#1)Brenton Wood(#1)韓 雪(#1)Zapp(#4)Robert Wyatt(#1)Soul Children(#1)Georgia Satellites(#1)Southern Culture On The Skids(#1)True Reflection(#1)Metallica(#1)Guns N' Roses(#3)Premiata Forneria Marconi(#2)Mogwai(#2)La's(#1)Ray, Goodman And Brown(#2)Quiet Elegance(#1)Bobby Charles(#1)Average White Band(#1)Fine Young Cannibals(#3)Leon Russell(#15)Marc Dorsey(#1)Cure(#7)Harvey(#2)Dino Valente(#1)Whodini(#1)Buckshot LeFonque(#1)芮 恩(#1)Morten Harket(#1)Surface(#1)Raspberries(#1)Rascals(#2)Dan Bern(#1)Toots(#1)Prince(#9)Womack And Womack(#1)DeBarge(#1)Orchestral Manoeuvres In The D(#1)Roger Nichols(#1)Rage Against The Machine(#4)Cake(#1)A Shrine(#1)本木雅弘(#1)Latimore(#2)Impressions(#1)Bobby Thurston(#1)Eric Gadd(#1)Lionel Richie(#1)Roger(#2)Troop(#1)Rose Royce(#1)Robbie Nevil(#1)Ten Years After(#1)Freedom(#1)Isaac Hayes(#1)Method Man(#1)Chris Hillman(#1)Queen(#1)Don Henley(#2)Silverhead(#1)Free(#1)Fishbone(#2)Yes(#4)Five Stairsteps(#1)Arrested Development(#2)Joe Cocker(#1)John Lennon(#5)Gregory Abbott(#3)Lee Dorsey(#1)Black Sabbath(#1)Timers(#1)Escorts(#1)Paul Butterfield's Better Days(#1)Chase(#1)Earth Wind & Fire(#1)Corrinne May(#3)Leotis(#1)Hot Tuna(#1)Sade(#2)Lighthouse Family(#1)Dramatics(#2)Trammps(#2)Bernie Leadon Michael Georgiades(#1)Rick Danko(#1)Silk(#1)B.A.D.(#2)R. Kelly and Public Announceme(#1)Freddie Jackson(#1)Was (Not Was)(#2)Me'Shell Ndegéocello(#1)Woody Rock(#1)Last Days Of April(#3)Travis(#3)By All Means(#2)Gerald Alston(#4)Georgie Fame(#1)Barry White(#1)Fantastic Four(#1)Basia(#2)Sam Salter(#1)Dee. C. Lee(#3)Meat Loaf(#1)Divinyls(#1)Southern All Stars(#1)Bernadette Cooper(#1)Wynonie Harris(#1)Virginia Astley(#2)Styx(#1)Pink Floyd(#9)Eagles(#4)Temptations(#20)Jerry Butler(#1)Mr. Mister(#2)杏里(#4)Rufus Wainwright(#2)Zhane(#2)Anthony David(#1)Gerald Levert(#1)Young Marble Giants(#1)Stylistics(#1)Gang Of Four(#1)Jeff Beck(#6)Futures(#1)Hirth Martinez(#2)Christine McVie(#1)Bill LaBounty(#1)Blaze(#1)Vivienne McKone(#1)Stevie Wonder(#5)Radiohead(#3)Caravan(#1)Fairground Attraction(#1)David Bowie(#3)Little Feat(#5)Eric Hutchinson(#1)Dismemberment Plan(#1)John Hiatt(#3)Us3(#1)Meters(#1)Eric Andersen(#6)Janis Joplin(#2)Erci Andersen(#1)Benjamin Orr(#1)J.B.'s(#1)Jellyfish(#1)P.M. Dawn(#1)Rick James(#1)Komeda(#1)Wallflowers(#2)Van Morrison(#11)Cyndi Lauper(#2)DAG(#1)O´Jays(#6)Uriah Heep(#1)Daryl Hall And John Oates(#1)Firefall(#1)Carly Simon(#2)Staple Singers(#1)Lightning Seeds(#3)REO Speedwagon(#1)Van Dyke Parks(#3)Smashing Pumpkins(#3)Captain Beefherat & His Magic&(#1)Christopher Cross(#1)荒井 由実(#3)Shirley Brown(#1)Red Hot Chili Peppers(#1)Mike Bloomfield(#1)Bruce Hornsby And The Range(#1)Rockie Robbins(#1)AC Black(#1)Eugenius(#2)Wet Wet Wet(#1)Ovations(#1)Lee Oskar(#6)Shanice(#2)Sundays(#1)Archie Bell And The Drells(#1)Five Royales(#1)Change Of Pace(#1)PFM(#2)Smokey Robinson And The Miracl(#3)Johnny And The Hurricanes(#1)Ambition(#1)John Sebastian(#1)Lovesmith(#1)James Taylor(#5)Doobie Brothers(#2)Peabo Bryson(#4)Pale Fountains(#1)Michael Jackson(#1)Jamiroquai(#1)Nicky Hopkins(#6)Warren Zevon(#1)Hummingbird(#1)Tyrone Davis(#2)Frankie Lymon and The Teenager(#1)Soundgarden(#2)Dr. Robert(#1)Bootsy Collins(#1)Omar Chandler(#1)Don Bryant(#3)Fratellis(#2)井上陽水奥田民生(#2)Louis Price(#1)Rick Wakeman(#3)Bryan Ferry(#2)井上 陽水(#23)Jamie Principle(#1)Huey Lewis And The News(#2)Syleena Johnson(#1)My Bloody Valentine(#1)Sly And The Family Stone(#3)B-52's(#2)Pasadenas(#1)Gladys Knight And The Pips(#2)Don Nix(#4)Four Mints(#1)New Edition(#3)Rolling Stones(#62)Replacements(#2)Christians(#1)Al Kooper(#4)J. Blackfoot(#2)Everything But The Girl(#10)Frankie Goes To Hollywood(#1)Maria Muldaur(#1)T. Rex(#3)Jeff Buckley(#1)Ruth(#1)陳 慧嫻(#1)George Harrison(#2)Phil Perry(#3)Lutricia McNeal(#1)Dr. John(#1)Fra Lippo Lippi(#1)Kane Gang(#2)Ray Davies(#3)Ecstasy, Passion And Pain(#1)After 7(#1)Talking Heads(#5)Head Quarters(#1)Nitty Gritty Dirt Band(#1)Boyz II Men(#5)Ohio Players(#1)Lou Reed(#5)Dexys Midnight Runners(#2)Z. Z. Hill(#2)Ephraim Lewis(#1)Doors(#4)Elvin Bishop(#2)Love Committee(#1)Glenn Frey(#1)Riverside(#1)Mike Oldfield(#1)Bobby Womack(#4)Ali-Ollie Woodson(#1)Funkadelic(#5)Small Faces(#2)Demetrius Perry(#1)3some(#1)Bill Brandon(#1)Paddy McAloon(#1)MC5(#1)Force M.D.'s(#1)Richard "Dimples" Fields(#2)Sam And Dave(#1)Blood Sweat & Tears(#1)Buggles(#1)Four Tops(#4)Who(#4)Tower Of Power(#1)Bill Withers(#1)Camper Van Beethoven(#7)Fifth Avenue Band(#1)Luther Vandross(#2)Dru Hill(#1)Coldplay(#4)Alice Clark(#1)Frank Zappa(#1)Sixpence None The Richer(#2)Enya(#1)Solo(#1)Curiosity Killed The Cat(#2)Caron Wheeler(#1)Amp Fiddler(#1)Dave Mason(#3)Pretenders(#1)Lennon Plastic Ono Band(#1)Yoko Ono(#1)Dee Clark(#1)War(#1)Little River Band(#1)XTC(#4)Full Force(#3)Hole(#3)Lizzy Mercier Descloux(#2)Bangles(#2)Journey(#1)Traffic(#2)Intruders(#1)泉谷 しげる(#1)Lovin' Spoonful(#1)Ric Ocasek(#1)Simply Red(#6)David Peaston(#1)Supertramp(#1)Ian Dury(#1)Buster Poindexter(#2)Waterboys(#2)Jethro Tull(#3)Al Green(#16)Smoothe Sylk(#1)UB40(#1)Marshall Tucker Band(#1)Massive Attack(#2)Dee Harvey(#1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。